日帰りで雪山の東天狗岳へ登ってきた

日帰りで東天狗岳へ登ってきました。

12本爪アイゼンとピッケルを利用する雪山の入門コースです。
それにしても、雪が少なかった〜!!

スポンサーリンク

東天狗岳の日程

大阪(夜)=
=渋御殿湯(1880m)…黒百合ヒュッテ…東天狗岳(2640m)…黒百合ヒュッテ…渋御殿湯=蓼科親湯温泉
=ビーナスラインドライブ=大阪

渋の湯から東天狗岳の往復です。一般的なので、コースにおいて特に気をつけることもないかなぁと思います。
関西から行くと、必ずどこかで宿泊しないといけないのですが、黒百合ヒュッテは避けました。雪山シーズンの穏やかな週末は激混みするからです。冬の山小屋で混むのは好きじゃないから(夏も嫌だけど)。

3日目は天気があまり良くなかったので、ギリギリまで宿でのんびりして、霧ヶ峰のビーナスラインをドライブして大阪へ帰りました。

東天狗岳雪山登山

渋御殿湯の駐車場は要注意!

朝イチで東天狗や西天狗岳に登ろうと思うと、暗いうちに出発したいと思うのですが、ここでは駐車場の関係で不可能です。。。登山口の渋の湯(渋御殿湯)の駐車場は1日あたり1,000円の有料。そして、駐車場の入口には料金所はなく、渋御殿湯のフロントで支払います。受付開始は6:00。料金を払うと、あんまり愛想の良くない女将さんが、車を停める駐車場へ誘導してくれます。愛想は悪いけど、誘導などはテキパキしています!

急いで登りたい時は、宿の前に車を止めて、6:00までに準備。公衆トイレは冬でも使用可能です。
6:00に駐車場の受付をして、駐車。直ぐに出発という感じでしょうか。

ちなみに登山口の標高は1880m、麓で雪がなくても車道は凍結していることが多いです。今回もノーマルでやってきて動けなくなる、迷惑な車がいました。ノーマルで突っ込んで動けなくなるような車、押してやる気にもならん。。。その後、もっと大変になる可能性大やしね。

黒百合ヒュッテまで

さて、この日の1番で出発です。登山届はコンパスで提出済み

アイゼンは要らない感じだったので、靴のままで登り始めます。
黒百合ヒュッテまでは樹林帯のなだらかな登山道が大半。

時々は地図を見ながら

朝イチなので、空気はピリッと冷えていて雪山らしい感じです。

アイゼンが不要なコンディションで順調に登っていきます。

新雪は降っていなくて、踏み固められているので、夏山よりも楽に

黒百合ヒュッテから東天狗岳

順調に黒百合ヒュッテへ。まだ登山者は少なめ。

ちなみにトイレは200円

朝早く登ってきたし、想定より余裕があるのでちょっとのんびりして
アイゼンを装着。ピッケルはまだ使用しないでストックのまま。中山峠からの道を登ります。

中山峠からは森林限界を抜け、展望のいい道に

右が西天狗岳、左が東天狗岳

空を見上げるとハロ現象が

傾斜がきつくなってくるので、ストックからピッケルへ変更

やっと雪山らしくなってきた!

天狗岳は12本爪アイゼン利用の雪山入門には最適な山です。

しかし、いくら暖冬とはいえ6本爪アイゼンはないでしょう!!!って登山者を何組か見ました。そういう人に限って体力もスキルもないという感じ。もれなく、注意しておきました。
このブログを見て登ろうと思った方、絶対に12本爪アイゼンとピッケルは持参して下さい。あと、モンベルの擬似的な10本爪のアイゼン利用者も気をつけましょう。

あっという間に東天狗岳へ。
途中からは雪は飛ばされ、ゴールデンウィークの北アルプスの稜線みたいな感じに。
一番歩きにくいミックスの環境でした。

山頂からは南八ヶ岳や

西天狗岳

山頂のブレイクはセブンイレブンのバスク風チーズケーキかチョコレートケーキ
潰さいないように、ペリカンケースで運びました(笑)

ほぼ無風だったので、ジンジャーミルクティーと一緒に

山頂でイロイロ遊んで

下山です

東天狗岳へから黒百合ヒュッテ

復路は中山峠じゃなくて、天狗の奥庭経由で黒百合ヒュッテへ

ちょっと遠回りだけど、登山者も少ないので、面白いです。

ルートファインディングをしながら歩きます

ドローン飛ばしてみた

静かで、写真を撮りながら自由に下山

天狗の奥庭には雪が少なく、時々は土の上を歩くことに。。。

急な斜面を下れば、黒百合ヒュッテ

いつもの感じで

最後は滑りながら

黒百合ヒュッテまで戻ってきました

黒百合ヒュッテでは名物のビーフシチューを昼食に

しっかり食べて、休んだら下山はあっという間

蓼科親湯温泉

下山後はちょっといいお宿に宿泊です。

雰囲気ある宿へ

歴史あるんだけど、設備は新しく、雰囲気はレトロな感じで、いいです。

これで黒百合ヒュッテと3000円ちょいしか変わらないなら、こういう選択肢もありです!

ウェルカムドリンクはスパークリングワイン!!

建物は雰囲気があります

暖炉も2台

豪華なコース料理

夕食は個室で

本日のお品書き

どれも美味しく、満足です!!!

のんびりと過ごす朝

朝は一面の雪に!

ゆっくりと朝食を頂き

チェックアウトの時間までのんびり

登山旅行とは思えない、優雅な感じ

コーヒーも美味しかった! 満足でチェックアウト

ビーナスラインドライブ

天気が良くなく、宿でのんびり過ごしたので、ドライブして帰ることに。

蓼科の別荘地でニホンジカが

白樺湖へ抜けて

ビーナスラインへ

ここはカラマツがきれいです。ちょうど雪が降ってくれた!!

次のポイントへ着く頃には、ガスが出てきちゃって、いい写真は撮れませんでした。
八島湿原へ行きますが、やはりガスは晴れず

最後は、諏訪へ下りた交差点にある真澄酒造へ

ということで、気軽に楽しい雪山「東天狗岳」でした。

12本爪アイゼン初心者にはおすすめの山です。
※雪山初心者ではありませんよ