キナバル山登頂とヴィアフェラータ

201910連休のメインはキナバル山です。
この1年で4回目のキナバル山。海外登山の入門コースとして人気があります。

今回は連休を利用して、いつもの若者グループを案内してきました。そして、普通に登っても面白いのに、下山はヴィアフェラータコースです!

スポンサーリンク

キナバル山登頂とヴィアフェラータの日程

GW10連休になると決定する前に計画&手配していたので、4日間の強行な日程になっています。年配のお客さんには絶対に勧めませんので。。。

関西空港✈広州✈コタキナバル
コタキナバル=キナバル登山口…キナバル山登山…ペンダントハット
…キナバル山・ローズピーク…ヴィアフェラータ…ペンダントハット…登山口=コタキナバル
=コタキナバル✈広州✈関西空港

キナバル山を最短で登る場合の飛行機は中国南方航空です。元気よく関空を出発!

広州経由でコタキナバルへ向かいます。関西空港からなら、マレーシア航空のクアラルンプール経由でコタキナバルへ向かうより、安くて早い!

広州で乗り換えて、コタキナバルへ。コタキナバルでは民族衣装を着た人がお出迎え!私達のグループのお迎えではありません(笑)

ホテルへチェックインして、近くのローカルレストランで夕食。

見本の写真との乖離が笑える!予想とぜんぜん違うものが出てきたり。これ頼んだの誰??みたいな
見本と違いすぎる一例(笑)指で指しているのが、頼んだやつです。。。

こういうのが楽しいんです!

キナバル山登山 1日目

キナバル山でヴィアフェラータを楽しむ場合は、山小屋到着に時間制限があるので、早めに出発。このグループの足は遅くないんだけど、写真に時間がかかります。楽しく写真を撮る時間は確保したいしね。

登山口手前の展望台でキナバル山の全容を眺めて、登山口へ。

国立公園の管理事務所からはきれいにキナバルが見えました

各自必要事項を記入して、IDカードを貰います。

お昼の弁当が昨年より変わっていて、ややインスタばえ??

登山口で説明をして、出発。

キナバル山は現地ガイドの動向が必須だけど、一緒に歩いているだけなのでルートを完璧に覚えている自分にとってはいてもいなくても一緒。ガイドもそれをわかっているので、気楽な感じ。ちゃんとしたガイドと、どう考えても数合わせのガイドも。タバコを目の前で吸わなければそれでいい。(キナバルではほとんどのガイドがタバコを吸います)

キナバルの登山口はいきなり下ります。少しだけど、帰りにきつい場所

キナバルでは500mごとに看板と、

1時間おきくらいにシェルターがあります。

シェルターの周辺では弁当やお菓子が欲しい、おねだりリスがやってきます。

午後からは弱い雨に

いつもの大きなウツボカズラのポイントへ

ゆっくり急いで、ヴィアフェラータの山小屋である、ペンダントハットへ。順調に到着しました。

 

到着後はヴィアフェラータの事前説明会

聞いた後は、実際にハーネスを付けて簡単な練習。明日の天気が良くなって、実際に使いたいね!

説明が終わると隣のラバンラタレストハウスへ移動して、夕食。

好きなものを好きなだけ食べられるけど、食べ過ぎに注意。標高が高いと消化能力も落ちるからね!

ここで、「沖本さんですか〜」って声かけられました。ブログの読者さんだとか。少し、知名度が上がったみたいで嬉しい(*^^*) 一緒に写真撮りました!

ペンダントハットに戻り、全員が同じ部屋でおやすみなさい! 翌朝は2:00起床

キナバル山登頂

長ーい一日の始まりです。

2:00に起床して、シンプルな朝食。

2:30出発。 ヘッドランプの明かりを頼りに階段を一歩一歩。頭上には満点の星空。一番きついのは最初の階段じゃないかといつも思う。

ラナウの街の明かりが見える。チェックポイントのあるサヤサヤ小屋までは我慢の時間。この先が自分の中のキナバル山!花崗岩の一枚岩が広がります。

まだ暗いけど、自分の歩幅で歩けるからずっと楽になる。

夜明けが近い

ヴィアフェラータのカットオフタイムは3776mのミーティングポイントに7:00ということは、6:00には山頂を出たい。6:00前に日の出なので、そのタイミングで山頂に行ければ完璧。山頂からミーティングポイントは40分で行けるけど、この区間は写真をいっぱい取りたくなるから、余裕が必要。

順調に山頂へ。やはり山頂付近は大混雑。

山頂で御来光!

待ち時間もなく、体が冷えることもない!完璧すぎる(*^^*)

登頂おめでとう!!

記念写真。雄大なキナバルの景色を楽しみながら下山開始!

影キナバル!

太陽が上ってきた(*^^*) 暖かい

登りでは見えなかった絶景が広がります。いっぱい写真を撮りながら。

新婚旅行で来てくれたカップルを祝福!

絶好調で、ヴィアフェラータのポイントへ

ヴィアフェラータ ローズピークサーキット

3776mのミーティングポイントから、いよいよヴィアフェラータの始まりです。

41組のチームに別れてヘルメットとハーネスを装着して、ザイルで結びます。

昨日の練習を思い出しながら、装着!

いよいよです!

悲鳴と歓声の入り混じったヴィアフェラータの始まりです!みんなドキドキ(笑)

だって、大半のメンバーはハーネスを装着するのも初めてなんですから。この高度感は半端ないでしょう!

このヴィアフェラータは前半が核心部。なかなか進みません。予想以上の時間がかかったけど、めっちゃ楽しみました。

特に吊橋は楽しいね!!! ヴィアフェラータ大満喫です。

ヴィアフェラータについては、近日中に詳しくまとめます。

疲れたけど、充実!

ペンダントハットへ12:00に到着

チェックアウトが12:30なので、ちょっと急いで食事と荷物の片付け。

13:00から下山開始!長くてきつい下山になりました。
しんどい時ほど、笑って写真を撮りましょう!

だんだん口数が減ってきます。16:30に無事下山。お疲れ様!!!!
充実感半端ない(*^^*)

下山スピードは決して遅くないよ。ただ、山小屋を出たのが遅かっただけ。

直接夕食のレストランへ。美味しく食べて飲んで、
ショーにも何人かが参加して楽しみました!

ホテルへ戻り、登頂証明書とヴィアフェラータの完歩証を渡して、一旦解散。

シャワーを浴び、荷物を整理して、希望者は22:30から24:00までコタキナバルの街歩き。みんな元気!!!

25:00にはホテルのロビーに集合して、中国南方航空で帰国の途へ。

ハードなスケジュールでしたが、みんなが登頂できて、ヴィアフェラータも楽しめて、ホントに良かった!

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
アジアカラビナ関西
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一
タイトルとURLをコピーしました