韓国最高峰 漢拏山(ハンラ山・ハルラ山)登山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡山空港からチャーター便で韓国、済州島のハンラ山へ登ってきました!
フライト時間も短く、旅行代金も手頃。まさに国内感覚で行ける山ですね。

漢拏山・ハンラ山・ハルラ山とは

いろいろな表記がありますが、韓国の済州島にある、韓国の最高峰。
標高は1950mとそんなに高くありません。島の中心に山が聳えているので、無理やり日本の山に例えるなら、利尻山のようなイメージ。世界自然遺産に登録されています。山中で宿泊はせずに、日帰り登山となります。登山道やトイレはしっかりと整備されています。難易度は高くありませんが、意外と距離が長く、行動時間が長くなります。 また、ポイントごとに入山禁止時刻が決められており、事故を未然に防いでいます。逆に言えば、自由な登山はできないということです。

済州島観光

初めて乗るジン・エアー。機内食はなし、アルコールサービスもなし、免税販売はあり(^_^;)  でも、岡山発着の大韓航空ソウル定期便よりは、シートピッチは広かったです。そもそもジン・エアーは大韓航空の子会社らしいです。

山陽新聞旅行はこのチャーター便で45名ほどのお客さん。初日と最終日は全員同じ観光内容で、2日目だけ登山という普段と違う内容。

到着後はまず、石焼ビビンバ

そして三姓穴という済州島の聖地

石のおじさん、トルハルバン

爽やかな風が吹いてて、昼寝したくなりました・・・。

鶴橋よりもきれいな済州島の市場

ぶひぶひ

中国かと思うほどの、中国人ばかりの龍頭岩
あれれ・・・。龍頭岩の写真がありませんでした。

そして、マナーの悪い中国人だらけでグチャグチャの神羅免税品

自分が企画すれば、ほとんど行かない所ばかりなので、勉強になった(^_^;)

ほんとにこの数年で、日本からの観光客が減っている。そして中国人がむちゃくちゃ増えている。李明博元大統領から朴大統領までの行動、発言を思えば仕方ない。むしろ当然。
しかし、一生懸命やってる日本語ガイドさんは、かわいそう。

最後はいつもの焼肉屋さん。
ユッケはあったけど・・・・。
楽しみだった生レバーはメニューから消滅・・・(T_T)

ユッケ(^^)

でも、お腹いっぱい焼肉食べました! 明日は頑張ろ~(^^)

漢拏山登山

朝のご飯は約束してたソルロンタンから スンドゥブに何故か変更・・・。
自分はどちらでもいいけど、少し辛かったかな??

登山口はもう車いっぱい!!
準備して、アミノバイタル飲んで、体操してさあ出発!

登山前 期待と不安が混じりますね(^^)

登山道はよく整備されていて、前半はなだらかで歩きやすい。
ハンラ山は粘度の低い溶岩で出来ているので、裾野が広くてなだらか。
前半はらくらく?? 緩やかな登りです。

完璧な天気予報でしたが・・・ガスが立ち込め
ポツリポツリ・・・。あれ??おかしいなぁ

お昼は海苔巻き2本
韓国の海苔巻きはお酢は入っていません。

所々でこのような看板があり、現在地を確認できます。
これはとてもわかりやすくてイイ!!

あまり花は咲いていませんでした
アザミ

トリカブトは見られました

そして、快晴に(^^♪

気持ちいい!!晴れた日の山は最高です(^^)

お客さんもごきげん!!

もう少しで山頂!

おめでとうございます!!韓国最高峰の眺めです!

頂上の看板には長蛇の列

ファーストエイドもレスキューセットも入っていないガイドさんのリュックには
おかずがいっぱい(^_^;) ガイドというより一緒に歩くおじさん的な感じ。

その分、私のザックはザイルに、シュリンゲにツェルマットにファーストエイドなどなど、ガイド同行の海外登山にしては異例の重さ(*_*;
観光ではきちんとした登山ガイド業は、なかなか成り立たないでしょうからね。山のガイドに期待できません。 それがわかっているから、持ってきたわけで。

ホテルのある市街地も見えます!

疲れも吹き飛びます!!
ガイドさんはどう見てもお客さんって雰囲気(^_^;)

制限時間ギリギリの13:50に下山開始

無事下山(^^) お腹すきました!!!

さて、登山前、山頂、下山のどれが一番楽しそう??

今回はカメラのGPSでログを取っていました。Google Earthにインポートすると歩いたコースと時間がわかります!

下山後は、アワビの刺身、バター焼き、しゃぶしゃぶ等
海の幸を満喫しました(^^)

食後、お客さんはマッサージのコースへ!
済州島満喫です!

帰国

のんびり朝ごはん

ちょこっと博物館、観光そしてお買い物!

お昼はアワビ入りのサムゲタン。ボリュームたっぷり(^^)
贅沢です!!!

最後に空港から見たハンラ山
大きくなだらかな山です!

気軽に日帰りで登れる、韓国の最高峰。
台湾最高峰の玉山、マレーシア最高峰のキナバルも山小屋に泊まるので、
それに比べれば楽ですよ。行動は10時間かかりますけどね。

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする