登山用コンパスの種類と選び方

山で地図を読むことはとても大事です。

今や方向を知るだけなら、スマホには電子コンパスが入っているし、アウトドア用の時計にもコンパスは内蔵されています。専用のGPSを持っている方もいると思います。100均にもコンパスは売っています。でも登山では専用のコンパスを持参して欲しい。そして、買うだけでなく、使い方もマスターして欲しいんです(^^)

スポンサーリンク

登山用のコンパスの選び方

スマホやGPSがあるからと地図とコンパスを持たないで山に登っていませんか?
地図があるからコンパスは不要だと思っていませんか?

初めてコンパスを購入する人は「何を買っていいかわからない」人が大半だと思います、知らずに安い商品を購入して後悔したり、高性能すぎるコンパスを購入して使いこなせなかったり。私は読図講習会で200人以上に教えてきたので、そのへんの事がよくわかります。

コンパスはベースプレートの付いたものを

登山で使用するならべースプレートの付いたコンパスを選びましょう。
地図と合わせて使用することを前提としたコンパスです。コンパスと透明なプレートで出来ているので、地図の上に置いて、地図を読むことができます。コンパスは磁北からのズレを測り、方向を確定させる物なので、ベースとなるプレートが必要です。距離を測ったりすることも可能です。プレートは短いものより、長いもののほうが使い勝手がいいのでおすすめです。

オイル式のコンパスを選ぼう

北を指す針を含むケース内にオイルを充填しているコンパスです。オイルの抵抗でコンパスの磁針のブレが少なく、安定します。通常の使用状況では気にしなくてもいいですが、冬山の極低温状態ではオイルの粘度が高くなり、正確な計測ができなくなるようです。一応使用可能温度が設定されています。

おすすめの登山用コンパス

シルバかスントの2社の製品をおすすめしています。

SILVA(シルバ)のNo3

とにかく、どこのコンパスがいいかと聞かれたら、迷わず答えるのがシルバ社のコンパスです。他社のものと比べると、少し高いですが圧倒的な使いやすさと高品質で強くすすめます。私もこのシルバコンパスを使用しています。マイナス40℃対応なので、冬山に行くならコレ!

SUUNTO(スント)のAシリーズ

ちょっとシルバが高いかなという方にすすめるのが、スント社のAシリーズ。使い勝手はやはりシルバの方がいいですが、コストパフォーマンスが高いです。真剣に読図をしたい方は、ベースプレートの真ん中にラインがないので、ちょっと使いにくいと思います。

コンパスは買っても使えなければ意味がない

登山ウェアなどは、買って着てしまえば効果が発揮できますが、コンパスはそういう訳にはいきませ。地図の準備も含めて技術が必要になります。それが使えて、はじめて一人前の登山者となることができます。

これから、スキルアップしたいという登山者は必ず地図とコンパスを持参して下さい。そして地図の読み方とコンパスの使い方を覚えて下さい。別の記事に地図とコンパスについて書いています。是非、ご一読下さい。また年に数回読図講習会も行っています。開催が決まれば、このサイトのトップページのお知らせで告知します。機会があればご参加下さい。

六甲山読図講習会 2018年秋
恒例の六甲山で行う読図講習会 2018年の秋も25名以上の方にご参加いただきました! 世間では色々な読図講習会が行われていますが いきなり山に地図を持って行き、さぁこれが等高線で・・・なんて話しても 地図の基本ができていないと無理。。。理解できるわけありません。 かといって、教室で勉強する座学だけでは、実際の山で使い方がわからない。。。 ということで、必ず両方がミッ...
登山地図の見方とコンパスの使い方
地理学科出身のプロガイドが教える、登山地図の見方、読み方とコンパスの使い方講座。登山を始めたら真っ先に覚えて欲しい基本的な技術です。スマホだけを持って登山しないようにしましょう。読んで損はないはずです。地図を持参してに山へ出かけてみましょう。

 

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
登山道具
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一
タイトルとURLをコピーしました