ジオグラフィカ iPhone用登山GPSアプリを試す

新しいiPhone用のGPSアプリを試してみました。
時々、仕事帰りにトレーニングをするので、どのように使えるか、実際に使ってみました。

コースは近鉄奈良線の枚岡駅から生駒山を越えて、生駒駅です。

試すアプリはジオグラフィカといいます。
これまでも、いくつかGPSアプリを試したけど、現在地の把握にはどれも使えるけど、ログをとったり、他の使い勝手がイマイチ。どれも、使い始めは感動したけど、慣れると欲が出る・・・。
まず、登山用GPSとして使う絶対条件は
◎国土地理院の地図を使えること!
 ・グーグルマップは山の中では✕ 地形の把握ができません。
 ・自分で地図を準備するのは、動作が重いし、面倒
  ☆やはり見慣れた国土地理院の地形図がいいですね!
◎予め地図を読み込み、オフラインでも使えること!
・山の中では圏外になることも多いです。グーグルマップはオンラインマップなので更新できなくなります。
・バッテリーの消耗を避けるためにも、機内モードで利用できればベスト。読み込んだキャッシュは容量と期限を決めると、古い順に消えていくので、iPhoneの容量を圧迫することもありません。

ジオグラフィカが使える主な地図は
・国土地理院 地形図
・国土地理院 衛星写真
・グーグルマップ

・オープンストリートマップ
※グーグルマップはオンラインの状態でないと使えません。
※オープンストリートマップは海外でも使えるので、自分は助かります!!◎ログも取りたい
最近はGPS付きのカメラでもログはとれますが、精度と補足までの時間に不満が。これはマップにポイントも入れられるし、取ったログはいろんな方法でエクスポートできます。少し手はかかりますが、自分専用の地図も作れちゃいます!

ヤマレコやカシミール3Dからルートも読み込めます。

というわけで、枚岡駅から試してみました。仕事帰りなので暗いです。

暗峠まではその名の通り真っ暗で、狭い道。でもなんと国道です。地元の人は酷道とも言いますが・・・。少しは走れるけど、少し行くと山登り的な傾斜になるので、歩く感じなります。暗峠近くになると谷は広く緩やかになり、田んぼからは蛙の声が(^^) 癒やしの音です。ここまではよく歩くので、GPSが無くても問題なし。

暗峠から信貴生駒スカイラインへ。しばらくはスカイラインを走り、途中から登山道へ。 登山道の入口はGPSでバッチリ!スカイラインに合流後は、生駒山遊園地の駐車場へ走ります。大阪の夜景がキレイ。写真はないけど。駐車場から生駒へ下る山道も迷うこと無く。しっかり補足。

無事に生駒駅まで。時間が短いのでバッテリーの心配は要りませんでした。

歩いた記録が残せます。

さらにログごとのデータも。そこには通信状況の記載も

ということは・・・
トラック上で、携帯の受信感度が分かる
グレーの部分は圏外・・・・。
AUはダメダメっていうのがよく分かる(^_^;)
生駒山ですら圏外・・・・。私が山に登る時は、ドコモのガラケーも持っていますで、安心ですが。

かつて、携帯の受信範囲を集めていたのがアホらしくなる簡単さ・・・。

もちろん、グーグルのマップにも

嬉しかったのは、グーグルアースで歩いた所をすぐに確認できること!
これがあれば、他のGPSアプリはしばらく必要なさそうです。

後はiPhoneのバッテーリーですね。アプリとは関係ないですが・・・。

外付けのカーナビが売れなくなっていったように、山用のGPSが近いうちに駆逐されそうな予感がプンプンします・・・・。

あっ 最近ホームページ作ってみました。
日本と世界の山のライブカメラ一覧やら
けっこう便利(^_^)

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
登山道具
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一