登山ガイド・山岳ガイドになりたい方へ

ガイドを目指している方から、たまに問い合わせがあります。ガイドのサイトにしてはここがアクセスが多いからだと思いますが。

どうしたらガイドになれますか?
どうしたら海外の山を案内できますか?
実際に生活していけますか?
などなど。。。

きっと自然が好きな方々には「好きなことを仕事にしている」と憧れがあるのかもしれません。
でも実際はどうなんでしょうか?

スポンサーリンク

山のガイドになるということ

確実に山や自然のガイド需要は高まっていると思います。今はガイドの専門学校までできたりしていますからね。志願者も増えているんじゃないかな。でも、仕事は好きや憧れだけで選ぶものでもありません。

山や自然が好きで、ガイドになりたい!と思う方。あなたはガイドを雇ったことがありますか? ほとんどの方がないんじゃないでしょうか? 何度かはガイドを雇い山に行くべきです。その程度のことの投資ができない&思いつかないようでは、ガイドビジネスで成功なんて無理じゃないかな?

私の場合、海外の山は旅行会社の添乗員として現地のガイドさんと一緒に案内します。ということは、添乗員の資格も欲しいですね!(ガイドと比べるとムッチャ簡単です)

ガイドの仕事は典型的な3K

山のガイドっていうのは、ホントに3K(きつい・汚い・危険)だと思います。そりゃそうです。重たい荷物を背負い、汗だくになり、危険なコースを歩いたりします。

ガイドの仕事は不安定

ガイドの仕事は安定しないです。ガイドになる時点で、サラリーマンのような給料があるわけないのは理解していると思いますが。

天候による中止・お客様の都合による中止・旅行会社のツアー中止・ガイドの体調管理 などなど、不安定な要素が満載です。

例えば、2018年は私の場合2回台風などで中止しました。それでも夏は大半を海外で過ごしていたので少ない方かと思います。もちろん中止になれば収入は0!

旅行会社のツアー中止も悩ましい。早い時は1年以上も前からスケジュールを押さえられていても、中止になれば0円です。そのリスクを納得して旅行会社と付き合うかどうかは、ガイドさんの考え方次第ですが。

そして、怪我をしてしまえばもちろん収入は途絶えます。一般人よりも断然リスクは高いです。

ガイドの年収・収入

簡単にいくらとは言えません。ガイドさんによって、ものすごく幅があります。1,000万円を越える高収入の方もいます。でも、その収入を得る知識と経験・技術を得るには、何年かかる??? どれだけの努力がいる?? きっと大企業の偉いさんを目指したほうが簡単です。一方、ガイドでは全然食べていけなくて、副業でなんとかやっている人も。本当に稼いでる人は、テレビや雑誌などのメディアには出てきません。忙しくてそんな時間はないそうです。

サラリーマンの平均年収が4〜500万円程度といわれます。個人ガイドの日当は3万円が目安。例えば年間200日も山を案内して、やっと600万円。一方サラリーマンの年間休日は120日、有給が20日。ホワイト企業なら実際の出勤は220日程度です。ガイドの多くは個人事業主なので、社会保険、厚生年金、労災、退職金等のセーフティーネットは大きく劣ります。

ガイドをしている方ならわかるかと思いますが、3万円の単価の仕事が年間200日ある方は、ほんの一部です。仮にそれ以上あっても体がしんどい。年間通じてコンスタントな仕事は望めません。専業ガイドでやっていくのは一般の方の想像以上に大変だと思います。

ガイドライセンスを取得しても直接仕事は入ってこない

ガイドのライセンスを取得するのが目的になっている方をお見かけします。取ってからどういう仕事をしたいのかが明確になっていないと、成功は難しいでしょう。普通に考えてみると、ガイド経験が浅い新人ガイドを好き好んで雇う理由がお客さんにはありませんからね。ガイドは経験が大きくものをいう仕事です。私なら特別なスキルがない新人は雇わない。ということは、差別化できるスキルが必要ということです。
さらに、どうやって知ってもらうのかとハードルも高い。このホームページが昨年100万以上のアクセスが有りましたが、それでもネットからでは申込みはあまり来ません(実体験)! ということは、最初は開店休業状態の確率がかなり高いです。

山のガイドの働き方

どうやったら、食べていけるガイドになれるのでしょうか?色々なパターンがありますが主なものをあげてみます。ちなみに私は2017年8月までは旅行会社、以降は発地型個人ガイドと旅行会社のツアーを案内する(企画する)のミックスです。

発地型個人ガイド

日本中・世界中の山を案内する!色んな所に行けていいねって思われるタイプのガイドです。しかし、0から初めるならハードルはかなり高めです。日本中・世界中の山を案内できるスキルと知識が必要だからです。うまく仕事が入っても、ガイドが立て込むと、なかなか大変。案内を作ったり、調べたり、手配したりしなければなりません。旅行会社並みの事務作業になります。ただし、利益は最も大きいし、色んな場所に行けるし、やりがいもあります。自分の手が回りきらないと予想される時は、旅行会社をパートナーにしています。

着地型個人ガイド

得意なエリア、または住んでいる特定のエリアに絞ってガイドをする方法。その山域のシーズンのON・OFFで仕事量の波が大きいのと、リピーターを作りにくいのが難点。事務作業は少なくていいはずなので、その辺は楽だと思います。私は同じ場所を何度も案内すると飽きてしまうので、きっと向いていない。。。

旅行会社に就職する

登山を大きく扱っている会社なら、現場に出ることができるかもしれません。ただ、最近の大手旅行会社は分業が進み、添乗員は派遣、ガイドは現地、社員はマネージメントというスタイルが確立されています。小さな旅行会社なら、企画してガイドに出るということも可能かも? 20〜30代前半なら知識と経験を得るにはいい選択肢かもしれません。それ以上だと業界未経験者はなかなか採用されないでしょう。

旅行会社のツアーを案内する

旅行会社といい関係ができていれば、気楽なのはツアーの案内。手配も行程も添乗員も全部アレンジしてくれます。そして多くのお客さんと接することができます。でも、納得の行かないコースを案内することも出てくるかもしれません。しかも、自分の努力と関係なしに仕事がなくなったりする可能性もあるので、特定の会社に依存し過ぎも問題があるかも。日当は会社によって様々で、いい会社と悪い会社では倍ほど違います。ガイドを使い捨てにしない、大切にしてくれる会社と付き合いたいものです。

まとめ

いろいろ書きましたが、日本のガイドの立場は高くなく、社会的な認知度も低いです。
私の職業がガイドだと知ると、一番多い質問が「食べていけますか?」ですからね~。それくらいの社会的ステータスなのだと思います。

山の技術、自然の知識はもちろん、接客・営業・企画の力が問われるサービス業です。俺について来い系の頑固な山親爺の案内から、お客さんを楽しませるガイドが主役の時代にしたいですね〜(笑) 

好きなことを仕事にするって素晴らしこと。これからガイドになりたいと希望する方は、現在のガイドの状況を知って、これから変えていきたいと思える方が多くなるといいな。

ガイドの資格を取れば仕事が貰える、湧いてくると思っている人は、時間もお金も無駄にする可能性が高いので止めたほうがいいと思いますよ。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
未分類
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一
タイトルとURLをコピーしました