キナバル山登頂とボルネオ島の自然

2018年3回目のキナバル登山へ行ってきました。
キナバル山(4095m)はボルネオ島にある、マレーシア最高峰です。

今回は山旅人さんのお客さんを6日間という少し長い日程で案内。キナバル山はもちろん、周囲の自然もたっぷり楽しんできました!

キナバル山とボルネオ島の自然の日程

通常より1日長い日程です。ポイントは2日目にキナバル山麓で自然を楽しむ事です。
多いのは2日目からすぐにキナバル登山ですが、可能であれば事前にキナバルの自然を理解してから登りたい。

関西空港✈クアラルンプール✈コタキナバル
=キナバル山植物園=ポーリン温泉のキャノピーウォーク=ラフレシア=キナバル山麓
=キナバル山登山口(1937m)…ラバンラタレストハウス(3272m)
…キナバル山(4095m)…ラバンラタレストハウス…キナバル山登山口=コタキナバル
〜マムティック島〜コタキナバル✈クアラルンプール✈
✈関西空港

キナバル山麓の自然を満喫!

キナバル山麓の植物園、ポーリン温泉のキャノピーウォーク、世界最大級の花ラフレシアを見どころいっぱいです。ラフレシアは花期が決まっていないので、見れれないこともあります。

キナバル山展望台

コタキナバルからキナバル山の山麓へ。途中の展望台から山を眺めます。いい天気に見えますが、この後20分後には雲に覆われてしまいました。。。
キナバル山

カラフルな今回のお客様(^^)

ここのバナナは美味しい!沖縄だとかだと島バナナって呼ばれている種類です。
もちろん買いました。一房3RM(90円位)

キナバル山植物園 (MT.KINABARU BOTANICAL GARDEN)

キナバル山の登山口へ。登山中はゆっくり写真撮ったりできないから、ここでキナバルの植物を勉強しておきましょう(^^)

気になったものだけアップします。ちなみにオーキッドとはランのことです。

ピンヘッド オーキッド
相当小さいランです。比較対象物(私の指)を入れてのアップ撮影は激むず。

セロジネ オーキッド

スリッパ オーキッド

ラフィン オーキッド

ポーリン温泉 キャノピーウォーク

日本軍が発見したとかいう、ポーリン温泉。温泉やプールがありますが、あくまで目的はキャノピーウォーク。キャノピーウォークとはジャングルの樹冠に吊橋を渡して、自然を観察できるようにした施設です。

巨大な樹木が生い茂ります。植物園より標高が低いので暑くなります。

細い吊橋ですが、落下することはないです(^^)

怖いというより、楽しい!

特殊なカメラで

ジャングルの高さ感を出すのは難しい。。。

水着を持参すれば入浴できますが、今回は足湯のみです。

世界最大級の花 ラフレシア

ラフレシアは世界最大級の花として知られています。
うちの子供達にとってはポケモンの「くさいはな」の進化系としてのイメージが強いようです。
花期は不規則で、開花後数日で枯れてしまいます。運が良くないと見られない?運が良いと見られる?どちらかはわかりませんが、これまで私が見に行った時は100%見ることができています。

咲いていると道端に看板が出ます! そして、first day(開花初日)なので色が鮮やかでコンディションが良いはず! 超ラッキー(*^_^*) サイズは80cmと結構大きめ!

自生地に行ってみると近い! ラフレシアと一緒に撮れるくらい近い!

いっぱい写真撮りました

花びらの質感もはっきりわかります。

横から見ると意外と高さがあるのに気づきます

そして、360°カメラのthetaを自撮り棒で花の中に入れてみました
ラフレシアはかつて人食い花と思われていたことがあるそうですが、ラフレシアの花の中からはこのように見えるんだ。

キナバル山(4095m)登山

今回のキナバル登山は、2日間。宿泊はラバンラタレストハウスです。
天気がいいといいな(*^_^*)

キナバル山登山口からラバンラタレストハウス

登山手続きを終えて、いよいよ登山開始です! 雨上がりです。

歩きだすと直ぐに滝があります。

前半はひたすらジャングルの中!

何ヶ所か、上を見ちゃいけない階段があります(^_^;)

前半はキナバル・バルサム(バルサンじゃないよ!)が多く見られます。

友人に遭遇(*^_^*) 自分が友人分の登山も手配していたので、すれ違うのは知ってたけどね!

シャクナゲがきれいに咲いていました。

標高が上がり、植生が変わってきます。

ウツボカズラの多いエリア 人の顔くらいある大型のウツボカズラです。

ランも美しく咲いています

もうすぐ、山小屋です。ガスが切れ始めキナバル山の岩盤が見えてきました。

お疲れ様、山小屋に到着です(*^_^*)

ラバンラタレストハウスからキナバル山山頂

起床1:30 朝食2:00 出発2:30

真っ暗闇の中、ヘッドランプを頼りにゆっくりと登ります。

広い広い山頂部の岩盤に出た頃、明るくなり始めます。

幻想的な景色!

みんな元気でしょ(*^_^*)

後ろはサウスピーク、最高峰のローズピークを目指します

奥の三角の山が、ローズピーク

もう少しで、山頂!

キナバル山・ローズピーク山頂(4095m) おめでとう!

眼の前にはセントジョンズピーク、左がローズピーク

ここからの下りが爽快です!

下りの楽なこと

簡単な岩場を下り

よく登ったなぁと思う階段を下り

更に登山口まで!

無事下山です!!! お疲れ様でした。

登頂証明書 GET (*^_^*)

コタキナバルで海遊び

最後は、コタキナバル沖の海で遊びます。

マムティック島

コタキナバルのマリーナからすぐの、小さな島です。

振り返れば、キナバル山が海の向こうに聳えています

ここでしたいのは、パラセーリング(*^_^*)
キナバルを眺めながら、空に浮くのは最高です!

落ちたらどうするだの、泳げないだの、いろいろ言うけど
結局は大喜びで参加(*^_^*)

ボルネオの海に少し落としてもらいました!

最後は、果物の大様「ドリアン」

臭いけど、美味しいね!

 

この後は、ホテルでシャワーを浴びて、コタキナバルの空港からクアラルンプール経由で帰国!

次のキナバル山は2019年のGWです!

マレーシア最高峰 キナバル山の登り方
何度もマレーシア最高峰、ボルネオ島のキナバル山(4095m)に登ったプロガイドの教える登山情報。高山病、登山装備、登山申請、山中の設備など気になるポイントについて解説。しっかり準備して楽しい登山をして下さい。

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
アジア山旅人
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一