アンナプルナベースキャンプ(アンナプルナ内院)トレッキング

別名アンナプルナ内院、現地ではABCと呼ばれる
アンナプルナのベースキャンプ

素晴らしい景色を楽しんできました(^^)

10/25
まずはバンコクへ。
そう、この頃バンコクは洪水のリスクと戦っていました。

タイ料理大好き!!

セブン-イレブンは洪水の影響で品不足

10/26
カトマンズを経由してポカラへ。ネパール慣れしたお客さんしか来ないツアーなので、すごく楽!

マカルーが見えたら着陸態勢

ポカラの空港

荷物は手押し車で そのまま車へ

ホテルからはヒマラヤばっちり!

マチャプチャレ! 5日後にはこの山のBCへ行くよ(^^)

10/27
車でダンプスの手前まで、いやぁいい景色!

左アンナプルナサウス 右マチャプチャレ

今日はネパールの祭り ティハール
小銭用意しとかなきゃ(^_^;)

ポーターさん

きたきた!!

集落ごとにお小遣いもらいに子供がやってくる!
最初は可愛らしいけど、だんだん疲れてくる・・・・。
ネパール、子供多いわ(^_^;)

生活を垣間見ながら

ランドルンへ アンナプルナのロッジはシャワーがあるから快適快適!

10/28
チョムロンへ
一旦下って、川を渡ります。

まだ祭り中! ハンディカムで撮ってる!!!
確実にネパールの山の中にも近代化の波はきています

チョムロンへ
だいぶ近づいてきた!

到着後はのんびり読書とプリングルス(^^)
で、子供達が寄ってくる

気づくと贈り物の花が(^^)

娘と同じくらいかな???

もちろんプリングルスが欲しいから

何枚かあげると走り去っていって、またやって来るの繰り返し(^^)
ネパールの子供達は逞しく育っています!

夕食は鶏鍋!!!美味しいなぁ
ポン酢は日本から持参してます!

10/29~31
あまり展望のひらけない谷の底を奥へ奥へ
雨には振られないものの、この時期にしては雲が出るのが早く
変な感じがするなぁ

マチャプチャレ!

マチャプチャレのBCでは雪になりました。

3700m、寒いです!!

お昼ご飯

まだ雪振ってる

ウサビッチ鑑賞会

11/1
今日明日がメインです!
どんな景色がひらけるのか??

まずはロッジの周辺を散歩

そしてABCへ出発! 晴れた!

ダイヤモンドマチャプチャレ

高いところが好き(^^)

飛んでみた! 標高高いから堪える(^_^;)

空撮みたい

到着!

お昼前なのにアンナプルナⅠ峰に雲がかかってきた

ロッジでのんびりしよう!

11/2
雲ひとついない朝
ゴーキョやカラパタールと違い、ロッジの前から景色を楽しめるのがこのコースの良い所!

お客さんと一緒に飛ぶしかないでしょ(*^_^*)
ただ、自分が最高地点の時、お客さんは既に着地・・・。
この写真、某旅行会社の旅行パンフレットの表紙に抜擢!
顔がわからないのが良かったのでしょう(^_^;)

iPhoneのパノラマアプリで撮影
少し加工したら売れそうや(^^)

さて、下山の時間
タップリと楽しませてもらいました!

ダイヤモンドマチャプチャレ

満足!

11/3~4
往路を戻ります。
予定を変えてジヌで宿泊。
ジヌといえばホットスプリング!! 温泉です。

これはもう行くしかないでしょ(^^)
サーダーのペンバさんと一緒に入浴!

最高~!!

締めはビール(^^)

11/5
シャウリバザールへ
標高が下がり、生活道となります。

天ぷらうどん! コック同行は食事がいいもんね(^^)

いつものさよならケーキ

11/6
ポカラへ

ビレタンティにはラッシー屋さんが!

行きなら飲まないが、帰りなので飲んでみよう!
バナナラッシー うまかった!

もうすぐゴール

ポーターと荷物交換  重いよ!

ついたぁ!!! お疲れ様です!

そしてポカラへ

ありがとう!また来るね(^^)

で、ポカラへ戻ると寒くてびっくり!
なんでポカラでダウンジャケット欲しくなるの??

ニュースではエベレスト街道のルクラでは悪天候で飛行機の欠航が続き、数千人が閉じ込められているとか。ほんまにアンナプルナで良かった。
ゴーキョやからパタカラ帰ってきてルクラで1週間足止めって最悪やん。

帰国
カトマンズの空港から帰国の日本人グループは文句ばっかり。
毎日、ホテルとカトマンズ空港を往復して、何もできず帰る人達もいたのだから文句の一言も言いたくなる。それに比べると自分たちは運が良かった!いつもより不安定だったとはいえ、山はバッチリ見て、雨に振られることもなかったのだから。

山に慣れたお客様と、いつもの現地スタッフ、日数は長いけど楽ちんなツアーでした!

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
アジアロングトレイル
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一