燕岳から常念岳へ縦走してきた

日本百名山達成の案内をさせていただきました!こういう依頼をいただくということはガイド冥利に尽きます(*^^*)

台風が接近する中で、いろいろな判断がありましたが、実施してよかったです。

予定通りに百名山を達成したMさん、おめでとうございます!!

百名山達成のコースは燕岳から常念岳の縦走コースです。
そういえば、数日前もここ歩いた(^^)

東鎌尾根を越えて槍ヶ岳へ 表銀座縦走コースを歩いてきた
今年も若者と燕岳から槍ヶ岳への表銀座縦走コースを歩いてきました。 関西のアウトドアサークル、カラビナ関西さんの案内です。 最初に槍ヶ岳に案内してから、今年で5回目になります。 表銀座縦走コースの日程 1日目 夜、大阪集合=夜行バスで中房温泉へ 2日目 =中房温泉登山口(1460m)…合戦小屋…燕山荘…燕岳(2763m)…燕山荘…蛙岩…大天荘…大天井岳(29...

燕岳から常念岳の日程

松本駅集合=穂高駅=中房温泉
中房温泉合戦小屋燕山荘
燕山荘燕岳燕山荘大天荘常念小屋
常念岳常念小屋一ノ沢=ほりでーゆー四季の里
 =安曇野駅=松本駅解散

日程に余裕があり、臨機応変に対応できるプランです。

安曇野や松本へのアクセスのいい方は4日目に帰れますが、今回は百名山登頂祝のなので、下山後にゆっくりします。

燕岳から常念岳縦走について

技術的な難易度は特に高くありません。同じ燕岳を起点とする表銀座縦走より易しいです。

中房温泉

中房温泉といえば、燕岳の登山口といった印象が強いですが、最高の温泉の湧く旅館です。

中房温泉には旅館タイプの部屋と山小屋タイプの部屋があります。山小屋タイプの部屋に泊まるなら、近くにある燕山荘系列の有明荘がおすすめ!中房温泉のほうが圧倒的に温泉が良い代わりにボロいです。。。どれくらいかというと、20年以上前にこの仕事を始めた時に、既に山小屋タイプの部屋は古いと思っていたくらいですから(^_^😉

しかし、もう少し予算があれば、中房温泉の旅館タイプの部屋に泊まりましょう。豪華な部屋ではありませんが、全く違います。

泊まると、このような温泉MAPをもらえます。一泊では全部入るのは無理だね。

台風接近

中房温泉に宿泊前から台風が関東に接近中。北アルプスも影響を受けそうで、いろいろ考えました。あらゆる天気予報を見て考えて、考えて、予定通り(*^^*) 今回は気象庁よりも米海軍の予報のほうが外れました。

中房温泉から燕山荘

天気は予想に反していい感じ! 中房温泉の登山口で登山届を提出して、登山開始。数日前が嘘のように登山者が少ない。やはり台風のせいかな?

気温もこれまでよりは少し下がり、歩きやすくなっています。第一ベンチ、第二ベンチ、第三ベンチ、富士見ベンチと順調に進みます。

そして、スイカのある合戦小屋へ。登山者が少ないのでゆっくりと名物のスイカをいただきました。

合戦小屋からはガスになったものの、雨には振られることなく燕山荘へ。燕岳はこの天気なので翌日に持ち越しです。

チェックインしてびっくり、もらったのは個室でした。。。初めてだこんな部屋(*^^*)

それくらい、宿泊者が少なかった。のんびりテラスでケーキセットと生ビール!夕食はハンバーグなので、今週3回目。。。

天気予報では、台風は大きく北アルプスからそれた!!

燕岳登頂

夜は雨風が強かった。朝もガスで真っ白。朝食の後、どうしようか考えたが、晴れるにかけた。明るさ、ガスの流れなどから近い内に晴れると判断。

まだガスで真っ白な中、燕岳へ。すると、歩き始めてすぐにガスが晴れ始めた(*^^*) イルカ岩についた時には景色が見え始め、ブロッケン現象を見ることができた。

しばらくはブロッケン現象が見られたが、快晴になり気持ちよく燕岳へ。

朝露を浴びたコマクサが輝いていた。

最高の天気に!昨日登らなくてよかった!

燕岳の山頂は狭いので長居はせず、北燕方面のコマクサを見て小屋へ。

燕山荘から常念小屋

燕岳から常念小屋への道は、半分は表銀座と同じ道。槍ヶ岳を眺めながら大天荘を目指します。

ほぼ貸し切りの縦走路。気持ちよく歩けました。

大天荘への登りは、この日一番の頑張りどころ。

雷鳥も目の前に

大天荘でゆっくり休憩して常念小屋へ。お客さんの要望で大天井岳はパス!

大天荘から常念小屋へはとても歩きやすい道。アップダウンが少なく、快適な山歩き。

順調に常念小屋へ。

たった一つの計算外は、常念小屋の夕食もハンバーグだったこと(^_^;) この日も個室でのんびり過ごすことができました!

夜は満点の星空

最後の百名山の常念岳へ

朝食後、出発ですが、この日も真っ白。。。でも、きっと晴れる!常念小屋のある常念乗越は風が強くガスが発生しやすい。

少し登ればガスが晴れることがあります。天気予報は悪くないので、登っていれば晴れるはず。常念小屋から常念岳はコースタイムで1時間と少し、ゆっくり登っても1時間半。

予想通り、晴れてきた!つづら折れの道、岩でゴロゴロした道、そして常念岳の山頂へ。

百名山達成おめでとう!!

山頂では1時間位滞在し、登頂を喜びました。広大雲海の向こうに富士山も見えました。

ゆっくり慎重に下山。常念小屋手前からはガスで再び真っ白に。

一ノ沢まで下山し、タクシーで宿泊施設へ。

下山後は大雨に。。。運がいいです(*^^*) 持ってます!

お風呂でのんびりして、美味しい夕食を頂いて翌日解散しました。

特に馬刺しは最高でした!!!

あまり、アルプスの個人ガイドを受けることはないのですが、とってもやりがいのある仕事で嬉しかったです(*^^*)

さぁ次はマッターホルンへ向かいます!!!