雪山の氷ノ山をスノーシューで歩いてきた

2019年の登山は兵庫県最高峰の氷ノ山からスタートです!

行こう行こうと話していながら、延び延びになっていた氷ノ山。今回はゆるゆる登山で山の中で宴会が目的です!お酒に、食料に。。。。重たくなってしまった(^_^;)

スポンサーリンク

氷ノ山スノーシュー&イグルー登山の日程

簡単に日帰りできちゃう氷ノ山ですが、あえて山中で宿泊します。最近は夏山じゃなくて雪山でばかりキャンプをしています。氷ノ山は兵庫県の最高峰ですが、鳥取県との県境にあります。そして、楽なのは鳥取県のスキー場のリフトを利用するコース。

神戸=わかさ氷ノ山スキー場ーリストー登山開始…稜線でイグルー作り&宴会
…三の丸…氷ノ山(1510m)…三の丸…わかさ氷ノ山スキー場=温泉=神戸

氷ノ山でイグルー作り

スキー場に車を停めて、準備開始。メンバーは4人。チラチラと雪が降ってきました。

氷ノ山ごときで、95Lのザックが2人、75Lが2人という重装備(^_^;)

スキー場では、強烈な違和感

リフトを2本乗り継いで、登山開始。

雪が深い山なので、スノーシュー登山です。

最初はやや急な上りでので、しんどい。荷物が重いからね(^_^;)

樹林帯の中で昼食! 雪山で食べるカップヌードルは、どうしてこんなに美味しい??
カップヌードルBIG&0.5Lのサーモボトルで1セット!

稜線へ到着! ここから先は楽になります。
しかし、荷物デカイ(^_^;)

しばらく歩いて、この辺がいいかなってポイントを選定

周辺でササが見えている時点で、雪洞は掘れないとわかっていたけど、プロープで計ると130cm。
残念ながら、雪洞には積雪が足りません。

ということで、雪洞からイグルーに変更
おっきなやつを作ります!!!

手袋は全員が防寒テムレス!! これ無しで雪を触る作業は考えられないくらい、快適!!
抜群のコスパ!騙されっと思ってお試し下さい(*^_^*)

最強の雪山グローブ TEMRES 02 winter
最強のコストパフォーマンスを誇る雪山グローブ、テムレス。2019年発売の最新テムレス(TEMRES 02 winter)は登山用としてデザインされ、より実用的になりました、プロのガイドが、同じコンディションで、従来のオーバーグローブと比べてみました。

スノーソーで雪をカットして、積み上げます

夜の宴会の快適性を求めて、頑張ります(^^)

積み上がったら、テントのフライを上にかけます!

余裕で立ち上がれる、超広々イグルーの完成です(*^_^*)

快適すぎるというか、大きすぎる。 テーブルとシュラフスペースが別々!

トイレも手抜きなし!

完成したら、お待ちかねの宴会!

テントだと長時間の宴会はあぐらをかきっぱなしでしんどいけど、テーブルは超快適!
よく食べて、よく飲みました!

朝起きると。。。笑
片付けもせず、寝落ち状態

鍋の中は、キンレイの冷凍うどん状態(^_^;)

外に出ると、朝日が黄金色に輝いていました。

イグルーとフライシートで、とっても快適に過ごせました!

氷ノ山山頂へ

スノーシューは凍りついています。
今回はMSRのライトニングアッセント、アトラスのスピンドリフト、アスペクト

朝食の後、撤収

結局トイレは使わずwww

山頂までは、軽装でピストン。今回の登山のおまけみたいな感じ

メッチャいい天気!

森もキレイ

軽快に歩いて、山頂へ。

快晴の氷ノ山山頂です。いつも思う。。山頂の避難小屋が山頂感を台無しにしていると。。

下山はスキー場から。下山にもリフトを使わせてくれたら嬉しいんだけどね。。。

順調に2019年の登山はスタートしました。

今年も事故無しで楽しい登山を案内したいと思います。
よろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました