熊野古道・大辺路 富田坂から安居の渡し 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熊野古道の大辺路を歩いてきました。

世界遺産の紀伊山地の霊場と参詣道には大きく5つの道があります。
有名なメインルートの中辺路
高野山から本宮大社へ向かう小辺路
伊勢神宮から本宮大社へ向かう伊勢路
吉野から大峰山脈を往く大峯奥駈道

そして、田辺から海岸沿いを往く大辺路です

大辺路とは

大辺路はおそらく最もマイナーなルートです。見どころも多くない。
歩く人は奥駈のほうが少ないと思いますが、それはルートの困難さからでしょう。
大辺路を熊野古道で最初に歩く人はほとんどいないんじゃないかな?

というわけで、お客さんは熊野古道をいろいろ歩いた人です。
慣れているので、案内も楽ちんでした(^^)

スタートは白浜の草堂寺
ここまではバスがきついので、近くの草会館で下車。

少し歩いて草堂寺でトイレ&体操

草堂寺の脇が大辺路

ある意味、ここが最も古道らしいような雰囲気

500mおきに道標があります

白浜空港とアドベンチャーワールドが展望できます。

この日は最強寒波襲来でめっちゃ風強い&寒い(゚∀゚)
でも、 南紀でよかった(^^) 日本海側の山なら大変大変!
いつもはお茶屋さんの跡でお弁当ですが、この日は風が強いので
安居辻松峠で

古道弁当!

峠の近くに新しいトイレができていた。

風が当たらないと、ポカポカ(^^)

途中で祝の滝に寄って安居の渡しへ
ぶっちゃけ、祝の滝に行く意味はない・・・。
ちょろちょろちょろ

ゴールは日置川の安居の渡し!

お客さんの顔写真がないとブログとしては寂しいなぁ。。。
次回から気をつけよう。

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする