キリマンジャロ登頂への道のり③

いよいよ勝負の時
キリマンジャロ山頂へアタック

果たして山頂ではどんな景色が広がっているのか?
そしてその景色を見ることができるのか?


これまでの記事はこちらから
キリマンジャロ登頂への道①
キリマンジャロ登頂への道②

登山5日目 キボハットからキリマンジャロ山頂

山頂へのアタックはまだ夜中
日付が変わる前に出発です。

フル装備で歩きはじめます。
なんと夜には大量の雪が降りました。。。
みんな若干緊張しています。
登山中はまさにポレポレ
ゆっくりゆっくり

初めての人は時間感覚がなくなり
眠たくなり
一体どこを歩いているのか想像もつかない

息は苦しく
体の末端は寒く
そして眠たい

きっとそんな登りです。

私は時間やお客さんの表情、行動、行動食&水分摂取など冷静に管理

全員でピークへ行けるよう励まし、指示します。

寒さでザックはバリバリ!
空を見上げると南十字星が輝いています。

そして、ギルマンズポイントへ到着!!!
5685m!!

キリマンジャロの巨大なお鉢に到着

まだ5時台!
これから山頂のウフルピークを目指します。

ぶれた写真でしんどさをイメージできるかも(^_^;)
息を止めなければいけない写真撮影は
高所では大きな負担になります。
ステラポイントでご来光!
しかし、雲が多い(´-﹏-`;)
しかし、すぐに幻想的な光景に
全てがオレンジ色に染まりました

この先は山頂を目指して
一歩が重く、キツイ

風も強く、気温も−10℃ほどと太陽が出ても上がらない
体感気温は−20℃以下で空気が薄い
写真では伝わらないでしょうが、なかなかシビアな状況
しかし、お客さんの装備がよかった(^^)
ほぼ完璧でした! そうじゃないと連れていけない強風の山頂

ついに、アフリカ大陸最高峰
キリマンジャロ、
ウフルピーク5895mに登頂です!!

ほんとよかった(^^)
みんな、うるうる!
涙の山頂!

この10年はほぼ全員をウフルまでご案内できています!!
統計では説明できない確率の高さ!

理由が何となくわかったので、
またそのことについては書きたいと思います。

巨大なお鉢
浮かび上がるマウエンジ峰
そして、消え行く赤道直下の氷河
次は氷河へ行ってみよう!
これが消え行く氷河
美しい
ちょっと登ってみたい(^^)

この標高で氷によじ登るのはなかなかキツかった(^^)

次に来る時は
どれくらいの大きさで残っているのかな?

この日の行程はまだまだ
ギルマンズポイントへと引き返します
ギルマンズポイントから見える氷河も小さい(右上)
15年前に撮った写真と比べると
違うなぁ・・・
10年前
5年前でも違う

ここからは今回の写真

この先は急な下り
富士山の須走のように下山です
無事にキボハットへ(^^)
大体私はここで力尽きて、しばらく動けなくなる。。。。

しかし、まだホロンボハットへ下山が待っている

キボハットからホロンボハットへ

ホロンボハットへ下山すれば、体が楽になります。
キボでは新しいテントが増えていた。今夜の登山者も多そう
ヘロヘロになりつつも下山開始!
さっき登ったキボ峰が見えています。
しかし、見えたのは写真を撮った一瞬のみで、その後は雲の中

そして、昼間から雪に
写真はないです。。。

雪が上がると青空
不安定な天気でした
もう少しでホロンボハット!

到着すると食事までの時間
倒れ込むように寝ましたね〜!
最後の夕食はマカロニ・野菜・チキン
食欲は少なめでした。。。
疲れたもんね(^^) 仕方ない!

登山6日目 ホロンボハットからマラングゲート

山が見える場所で
ガイド・アシスタントガイド・コック・ウェイター・ポーターさん達と記念撮影!

今日もキボは真っ白

この日はあっという間にガスが出てきた

でも、みんな回復し
下りは元気!
雨のお陰で埃っぽくなくて
めっちゃ歩きやすい(^^)
山は見たいけど、歩くにはラッキーです。

濃い空気は美味しい\(^o^)/

マンダラハットを過ぎると、雨に。。。
久しぶりに雨に振られました。
それがまさかキリマンジャロになるとは思ってなかった。
下山中でよかった。上りならテンション下がるぞ。

そして、無事下山!!

疲れないわけはないけど、
いい登山でした\(^o^)/

これで4回連続ゴールドの登頂証明書をお客さん全員に渡せることに。
通常は30〜50%といわれるので、私と登ると抜群の成功率(^^)

ホテルはアルーシャなのですが
途中で寄り道

バオバブの木

大きいね!

ホテルへチェックイン!
久しぶりのシャワーの後は
久しぶりのビール(*^^*)
野菜のいっぱいとれる、中華を選択!

丸いベッドの変な部屋でしたが
ゆっくりと休めました(^^) これ2人で寝たら足が出るよ・・・・

全員登れた満足感に浸り
キリマンジャロ登山は終了!

後は旅のおまけ「サファリ」です!

ブログ

 

 

 

 

 

 

ホームページ
キリマンジャロの登り方

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
アフリカ
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一