キリマンジャロ登頂への道のり①

ツアー登山の最高峰といってもいい、キリマンジャロ登山!
5895mのアフリカ最高峰の頂きには、ものすごい充実感と感動が待っています。

それをお手伝いするのが私の仕事(^^)
今回も山頂では感動したぁ~!!

キリマンジャロ山とは

山をやる人ならみんな知っているキリマンジャロ山。山麓は有名なキリマンジャロコーヒーの産地でもあります。
タンザニアに聳えるアフリカ大陸最高峰にして、5895mと普通の人でもギリギリ登れる絶妙な難易度!コースは整備され、国によって厳重に管理されています。
山頂付近の氷河の減少が進んでいることでも、知られています。

キリマンジャロの日程

①日本✈ドバイ
②✈ドバイ✈ダルエスサラーム✈キリマンジャロ=ナマンガ
③=マラングゲート(1700m) …マンダラハット(2727m)
④…ホロンボハット(3720m)
⑤高度順応日
⑥…キボハット(4703m)
⑦…キリマンジャロ山頂(ウフルピーク/5895m)…キボハット…ホロンボハット
⑧…マンダラハット…マラングゲート=アルーシャ
⑨=ナマンガ(ケニア国境)=アンボセリ国立公園
⑩=ナイロビ✈ドバイ
⑪✈日本

日本からキリマンジャロ空港へ

もう何回乗ったかわからないほど乗った、エミレーツ航空でドバイまで。
キリマンジャロ空港へは同じ中東経由のカタール航空の方が乗り継ぎはいいのですが、
カタールは昨年関空から撤退したので、関西圏はエミレーツの方が便利。

エミレーツのサービスは超一級なのですが、今回からエコノミークラスのアメニティの配布なし・・・
アイマスクや歯磨きの入ったポーチがなくなりました。
私はいつもアイマスクなど持っているのでいいのですが。。。サービス悪化??

機内のエンタメは超充実!
「君の名は。」も見ちゃいました\(^o^)/

ドバイでダルエスサラーム行きに乗り換え
足を伸ばせるベンチで一休み(^^)

そして、ダルエスサラーム行きへ搭乗。
カタールならキリマンジャロへ直接乗り入れなのですが。。。

5時間ほどでダルエスサラームへ。
日本から撤退した南アフリカ航空が隣に駐機。
ダルエスサラームは乗り換えだけで、もう20年近く街には行っていないなぁ。。。

長い待ち時間を経て、国内線でキリマンジャロ空港へ

やっと着いたキリマンジャロ空港は視界が悪い。。。
軽い砂嵐のよう。聞くと、4ヶ月も雨がなくてカラカラ。
砂埃が凄まじいらしい。

初日の宿はキリマンジャロマウンテンリゾート
ちょっと空港から遠いけど、登山には便利。

到着遅くなったけど、足を伸ばして眠れる(^^)
翌日からの登山に備えて眠ります!

登山1日目 マラングゲートからマンダラハットへ

目が覚めると、部屋のテラスからキリマンジャロのマウエンジ峰(5149m)が!

ホテルの庭をゆっくり散歩
巣箱にはティンガティンガが描かれています

残念ながら、泳ぐ時間はなし

ゆっくりと朝食を頂きます

キリマンジャロといえば「コーヒー」と思う日本は多いでしょうが
実は紅茶も有名!

タンザニアでは良い豆は輸出に回されてしまうので、
キリマンジャロコーヒーは日本で飲んだほうが美味しかったりする(^_^;)
そういう理由で、キリマンジャロでは紅茶派です!

ホテルを出る頃にはマウエンジ峰は隠れてしまった。

車で少し走ると、登山口のマラングゲート(1700m)

多くの登山者とスタッフが準備をしています。
この表示の時間ではとても歩けないよ!

逞しいポーター達!
彼らのお陰で登れるのです。
今回は、昨年TBSの「世界ふしぎ発見」でキリマンジャロをロケしたチーム!
何が凄いって訳じゃないけど、彼らはそれを誇りにしていた(^^)

最近は雪山しか行ってないので、きれいな登山靴(^^)
きっと下山した頃はホコリまみれのはず!

キリマンジャロの特徴は
ジャングル→草原→砂漠→氷河地帯

赤道から極地へ移動するように環境が激変します
これってすごいことです!垂直移動は水平移動よりずっと変化が激しいのがわかりますということで、始めはジャングル
林床には花も少し咲いています
時々看板が出てきます。
キリマンジャロ登山はゆっくりゆっくり
スワヒリ語で「ポレポレ」

お昼はホットランチを準備してくれていました。

ラーメン、チキン、パン、バナナ、オレンジ

午後になると森の密度がやや落ちてくる

美しい、ファイヤーボールリリー

キリマンジャロホウセンカ

サルオガセが多い

こんな森の状態になれば、もうすぐマンダラハット

マンダラハット到着!
まだ先は長いね

気になるロッジは定員4人の部屋でした

部屋に入るとすぐ、散歩へ行きます。
体を慣らすのに、クレーターへ

いつもの場所にアビシニアコロブス!
白と黒の美しい猿

ここもかつては噴火口

夜の食事は
スープ・メイン・デザートと続きます。
この夜のメインはバナナと牛肉のシチュー

まるでバナナがポテトのようです(^^) 付け合せのアボカドも美味
アフリカならではのお料理でした

 

ブログ

 

 

 

 

 

 

ホームページ
キリマンジャロの登り方

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
アフリカ
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一