スイスアルプスハイキングと鉄道の旅 2012−3

もう今シーズン3本目のスイスアルプス!
松山発のツアーです。 今回も楽しく歩いてきましたよ!

6/27

今回はエミレーツ航空です。
このTシャツ着て乗ると、いいことあるかなぁ(^_^)??
今回は添乗員さんいるので気楽!!!
そして写真は添乗員さんの撮ってくれた写真も結構使ってます。

6/28
Tシャツ着ても、何もいい事はなく、チューリッヒ到着(^_^;)
※飛行機&サービスは最高クラスですよ!

電車でグリンデルワルトへ

既に写真モードに突入しています!

ドバイの免税店で仕入れてきたピスタチオ片手にもう始まっています!

ビール組VSカメラ組

アイガーが見えてきたら

全員カメラ組に!(^_^)

グリンデルワルト到着です!
で、ホテルは右側!駅まで徒歩3歩

ファンキーな牛の置物が増えてきた??

6/29
アイガーがくっきり!いい天気!

始発なのにこの人々! 今年はユングフラウ鉄道の100周年で人が多いです

クライネシャイデックで乗り換えてユングフラウ鉄道へ
今回は同時刻に2編成の出発。多いなぁ・・・。

車内アナウンスは日本人向けにはハイジのアニメと声優さん

スフィンクス展望台
真っ先に行こうとしても既に先客が・・・。
いつもと勝手が違うぞ!

アレッチ氷河

氷河の上に出ました! かる~くハイキング

若者は上半身裸でハイキング!

ユングフラウヨッホの駅は一部新しくなりました。
無理にこんな標高の高いところに作らなくても・・・と思いますが

ユングフラウヨッホでは、無料でWIFIがつながります。
ということは、子供にこの景色を見せての無料テレビ電話が可能です。
すごい世の中になったもんだ!

その間、お客さんは絵ハガキタイム。ここには日本のポストがあります。

クライネシャイデックへ下り、お昼

まずはアイガーに乾杯!!

この景色でこの料理、仕事を忘れる瞬間です!

何を撮っているのか???

シルトホルンへ行く時間はないですが、
ミューレンに行きたいというのでご案内しました!
恒例の電車運転ごっこ!

ミューレンへ到着

沖本仕事中! 解説してます

子供達がジュース屋さんをして遊んでいました。
可愛いね(^^)

帰りも運転席で!

夕食はイタリアン!

水牛のモッツアレラ うまい!!

6/30
アイガーくっきり!

フィルストからバッハアルプゼーを往復して、サースフェーへ。
荷物はライゼゲペックで送ります

快晴!お花畑の中を歩きます。

逆さアイガー撮影中(^^)

湖に到着です

添乗員寝てるやん・・・。
おい!働け!!(^^)

帰りはフィルストフライヤー!!!

毎回同じようなことをしているので、ツアーごとの記憶が曖昧になってきます。
こうやって、ちゃんと残しておかねば。

やはり真っ先に行くのは女性 !!

男性は・・・・。

爽快!!!!!

次!
希望者は自転車で一気にグリンデルワルトへ

仕事中か? 遊び中か?
超楽しいです!!

サドルがなく、立つタイプなので意外と不安定 。山歩きよりずっと危ない??

そして、電車とバスでサースフェーへ
カートレインはが走って行きました

夕方にサースフェーへ到着
電気自動車しか走っていません!日本人はグリンデルワルトやツェルマットと違って少ない!私の好きな村です。

昼食はフォンデュ シノワーズ
スイス風しゃぶしゃぶ 肉は食べ放題!

ソースはいろんな種類があって、各自好みのものを選びます。

7/1
サースフェーで最も高い展望台。
ミッテルアラリンへ! ゴンドラ2つと地下ケーブル

標高3000m以上、こんな所になんと地下ケーブル

ここは夏もスキー場がオープン

次はシュピールボーデンへ

お花畑はピーク!

マーモットは餌付けされてぶよぶよ(^_^;)

軽くハイキング!

フェー氷河が見事です!

天気が怪しくなってきました・・・。
お昼にロープウェイ駅前のレストランへ

まず乾杯

おしゃれです!!

トリュフ入りパスタァ!!! うまい(^^)

食後はのんびりタイム

下山後はサースフェーの村の散策

夕食はいつもの野菜たっぷりレストラン!

順調にサースフェー終了です!

7/2
朝から雨・風・雨(T_T)

こんな日に歩いても楽しくないので、予定変更!
まずは宿泊のツェルマットへ移動。

昨日は天気がなんとかもってよかった!

ツェルマット到着&ホテルへ歩きます

メチャメチャ増水してます

ホテルの部屋から
必ずマッターホルンを誰かが見ている橋も、誰もいません。

お買い物タイム 別の日に設定していた自由時間を入れ替えました
臨機応変に行きましょう(^^)

チョコレート

ココア

生ハム・・・こいつはお持ち帰り禁止ですよ

7/3
晴れたぜー(^^)

外が賑やかだなぁ・・・。しかも日本語ばっかり聞こえる
ホテルの部屋から橋を見下ろすと・・・・。

日本人大集結 200人以上はいます。
そう、マッターホルンを見るために

私たちはバルコニーから(^^) 余裕たっぷりのんびり撮影
ちょっとした優越感(^^)
いつもここが取れるわけじゃないから、今回たまたまです。

最高です!

そして、始発の電車でゴルナーグラードへ
これだけ日本人観光客が多いと、タイミングずらしをうまくやらないと
どこに行ってもイモ洗い状態になります

モンテローザとリスカム
次のスイスはツールドモンテローザ 20日後

セントバーナードと写真を撮りたかったので次の電車の到着待ち
予め撮影台に陣取って待ってました。そして真っ先に撮影してハイキング

大半のツアーがここで写真を撮ります
中にはゴルナーグラード1時間しかないのに20分も順番待ちしてたり・・・。

ハイキングスタート!

いい写真です!!

シナリオ通り(^^)
静かな逆さマッターホルン!!

そして、何時もの場所で撮影!

帰る頃、やって来ましたよ日本人団体!

その後はクラインマッターホルンへ 雲が増えてきたなぁ・・・
ブライトホルン

ラーメン食べて

ちょっと外でて

7/4

ロートホルンからのハイキング

エーデルワイス!

撮るのは大変!!

いつものフリューアルプで昼ごはん!

今回はペンネ

すいません・・・。写真が少ないですね・・・。

最終日
きれいなマッターホルンを眺めて帰路へ

ベストシーズンはたしかにお花もきれいでいいのですが、なんせ人が多いです。
こういう時こそ、いかに団体とバッティングしないように行動するかが腕の見せ所となるのです!

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
ヨーロッパ
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一