前鬼ブルー 大峰山の前鬼川でキャニオニング

梅雨が開けて、キャニオニングのシーズンになってきました!
この夏の最初の沢遊びは大峰山、釈迦ヶ岳から流れ出す、前鬼川です。

圧倒的な透明度と、前鬼ブルーと呼ばれる美しい青
そして、適度に開けた谷は太陽が入り込み、美しさを増します。

スタートは小仲坊への駐車場
この日は平日なので、車は殆ど止まっていません。
友人と休みを合わせてやって来ました。

まずはウェットスーツ、沢靴などのキャニオニング装備に着替えます。
みんな、装備を持っているので、安心です。

キャニオニングの装備は最初はお金かかるけど、
ツアーに2回参加すると思えば、元は取れる!

急な山道を下り、前鬼川本渓へ
暑い!!! 早く飛び込みたい(^^)

やっと前鬼川に到着!

めっちゃ気持ちいい!!

川の透明度は文句なし!
これ以上何を望もうか(^^)

どこまでも透き通っているように見えます!

水温は低いです!ウェットスーツがないとあっという間に低体温症

こんなに澄んでいると、川の深さがわからない(^^)

もちろん、スライダーがあれば楽しみます

 

お昼ご飯を食べて、折り返し

帰りはちょっと大変なポイントが

ザイルで確保し、よじ登り、ルートづくり
すごい水圧です(^_^;)

その後は次々と
ハーネス持ってきてもらってよかった!

強烈な水流に負けそうに・・・
確保しておいてよかった。

帰りは水流との戦い
それがまた楽しい

大峰サイダー

時々、一息つける瀬があります

みんなで滝を滑ってみた!

簡単そうに見えて、この段差を登るのも大変ということがわかるGIF

ここなんて、手前にも水があるとは思えない透明度

見てるだけで涼しくなる〜!

飛び込み!

意外と浅かった(^_^;)

というわけで、前鬼のキャニオニングは終了!
きっとまた来るな(^_^)

キャニオニングはとっても危険です。
見よう見まねでやらないように!

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
キャニオニング関西カラビナ関西
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一