マムートザック ヘロンガイド(Heron Guide70+15)を使ってみた

通常のガイドで70リットルのザックを使うことはまずありませんが、ないと困ります。

数年前に劣化したミレーのザックを処分していたので、必要になったら購入しようと思っていました。家族で白馬岳でキャンプすることになったので、マムートの大型ザックヘロンガイド70+15を購入しました。

娘と比べると大きさがわかる??

中に入っていた装備は

テントセット(アライテントのタフライズ4)
3シーズンの寝袋3個(イエティ1・イスカ2)
エアマット2個(イスカ)
マット1(リッジレスト)
テントマット1
軽アイゼン3個
スパッツ2個

他は2人分のレインウェアや防寒着、ヘッドランプ等小物や水2リットルなど
さすがに75リットルもあると、容量たっぷりで楽に入ります!

食材とバーナー類は妻が背負いました。
おやつは娘が(^^)

背負い心地は、まずまず。
これまでのザックも、最初からしっくりくるものはなかったので、そのうちしっくりくるんじゃないかな?

背面は調節可能です。ま、このクラスのザックには当然の装備ですが。

ザックの特徴としては、伸縮性のあるサイドポケットは使いやすかった!耐久性が気にはなるけど。このサイズのザックには妥当な機能はついています。あんまりゴチャゴチャしたのは好きじゃないので。

以下のように宣伝してます。

■重い荷物運搬用のヒップおよびショルダー ストラップに直接接続されたディア ヘッド フレーム
■柔軟性のあるヒップベルトで、バックパックのバランスを保持
■4段階バックシステムで、簡単に着用者の背中の長さに合わせて調整
■自動背面成形。Air-Mesh カバー付き圧力吸収マルチレイヤー EVA クッション付きヒップおよびショルダー ストラップ
■内および外ポケットが付いた高さ調節可能なフラップ
■寝袋用のボトムコンパートメント、サーキュラー ジッパーと取り外し可能な仕切り
■大きなジッパー付きのフロントポケット
■簡単に出し入れできる脇の下のボトルホルダー
■伸縮性のあるサイドポケット1つ
■ヒップベルトのポケット
■デイジーチェーン ギア キャリング
■側面のコンプレッション ストラップも、道具を持ち運ぶ際にフロントに張ることが可能
■道具の持ち運びには、ボトムコンパートメント用コンプレッションストラップも使用可能
■ハイドレーション システム対応


ムチャクチャいい!!って印象はなかったけど
悪い印象もないザックでした。

気をつけて欲しいポイント
このザックにはピッケルホルダーが付いていません!!!!
これで冬山に行く人は、ピッケルホルダーを何とかしなかればいけません。
ご注意下さい。

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
登山道具
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一