シャドウレイクロッジに泊まるカナディアンロッキーハイキング

前の年にスイスを一緒に歩いたメンバーでカナディアンロッキーへ

今回はベストシーズンにシャドウレイクロッジに泊まります!

シャドウレイクロッジ名前だけ聞くと影の湖だから暗そうな感じですが、どうなのでしょう?

7/12
羽田から成田経由でカルガリーへ
エミレーツ航空の次にエアカナダに乗ると・・・・。
北米系のエアラインにはもっと頑張ってほしい(^_^;)
食事もエンタメも機材もサービスも圧倒的に劣っています。

カルガリーからバンフへ

北米のホテルの部屋は広いです!特にこの間までいたスイスの山間部に比べると。

食事はサーモン!

7/13
シャドウレクロッジに行く前に足慣らし
お花畑のサンシャインメドウを歩きます。

入山にはスクールバスを利用します!

曇っていますが、ハイキング開始です

少し歩くと草原になります

アネモネ

晴れてきました!!

カラマツ 秋もきれいですよ!

カナダの花といえば インディアンペイントブラシ!

そして黄色いカタクリ グレイシャーリリー

時差調整も含めて、アップダウンの少ないコースをゆっくり楽しみました!

7/14
この日から2泊3日でシャドウレイクロッジ

レッドアースクリークからシャドウレイクまで14.4km

ラン発見!

道は広くて歩きやすい!

リスが食事中
たんぽぽの綿毛についた種を食べています。可愛かった(^^)

アツモリソウに近い種類ですね

そして、シャドウレイクロッジに到着!!きれい

カナダの山小屋にはアフタヌーンティーがあります(^^)
のんびりしましょう!

お部屋を見ましょう

ホテルの部屋と遜色ありません。

談話室 いい感じですね!

もちろんトイレは水洗、シャワーもあります!

チェックインの後
少し歩いてシャドウレイクへ

この動物なんだろう??

ノリノリ!!
静かでいいです。大きな山はマウントボール

お楽しみの夕食!
コースです

7/15
朝ごはんはスタッフがトライアングルを鳴らしてくれます。

全部手作り!美味しいです

今日の情報

バールパスへのハイキングです
しかし、降ってきました

この時期のカナダには蚊がいます
虫除けスプレータイム!!!

雪が残っていました

雨も上がり、峠で記念写真!
楽しそうでしょ(^^)

マーモット

往路を戻ります

あっ!!

ヤバイ!!

滑落!!!!! (# ゚Д゚)

ではなくて
滑り台遊び(*^_^*)

歩くのが面倒なら、滑っちゃえ!!  でもズリズリと滑りはイマイチでした

イワヒゲ

シャクナゲの仲間

夕食

食後は談話室で

7/16
この日は朝焼けがきれいでした!

ロッジから

湖から

たっぷりと満喫しました(^^)

コーヒーを飲みながら(^^)

小屋で最後の食事

美味しかったです!

今日は晴れ

お世話になったロッジのスタッフとみんなで撮りました

山が写ってる!!

ギボンパスを越えて下山です

やっぱり晴れると気持ちいい!

これぞカナダって感じですね(^^)

ギボンパス

ツインレイクでお昼ご飯

さらに歩きます

スプリングビューティー

アニカレイク

ジャンプの練習始まりました(^^)

イソツツジ

あの道まで!!!!

インディアンペイントブラシ

リンネ草

ビスタレイクでゴ〜〜ル(^^)
お疲れ様でした!!!

7/17
最後の日はモレーンレイクとラーチバレー

きれいな湖!

メチャメチャかわいい(^^)

絵葉書の世界

みんな飛びました(^^)

カヌーに乗りたいねぇ・・・
じゃぁ乗りましょう!!

でも沖本はひとり・・・・。
自分たちだけで漕ぐ組みは・・・不安です(^_^;)

でも乗ってしまえば、楽しい!取合えず興味を持ったものはやってみることです(^^)

これぞカナダ!!って景色です

楽しいね(^^)

最後は上手になりました!!

さて、忘れてたけどハイキング行きましょう

この水の色!たまりませんね

テンピークスが見えます

いったいどんな写真を撮ってるの???

リスはじーーっと見ていました(^_^;)

早めに下山してペイトレイクを見てハイキングは終了!!

最後にクマが出てくれました

楽しいメンバーでとっても楽しい旅行でした(^^)

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
北米
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一