知床流氷ウォークとフレペの滝スノーシュー

冬の知床で最もおすすめのアウトドア遊びといえば
流氷ウォークです。これはドライスーツが必要なので、個人では難しい・・・。
必ず現地のツアーに入りましょう。紋別のガリンコ号の次は知床半島のウトロを目指します。

もうこれまでに何回来たかわからないウトロ。
なぜか、ここに来ると落ち着きます(^ ^)

今回の家族旅行のコース

①伊丹✈鹿児島✈名古屋✈女満別=紋別
②ガリンコ号=知床流氷ウォーク=フレペの滝スノーシュー=ウトロ
③=屈斜路湖ハクチョウ=摩周湖スノーシュー=野付半島大氷原=阿寒湖
④阿寒湖ワカサギ釣り=鶴居タンチョウ=帯広
⑤帯広✈羽田✈伊丹

紋別を後に、知床半島のウトロへ。

途中、オジロワシ発見!
凛々しい

誰もいない、オシンコシンの滝

この滝は地下水が湧き出ているので、水温が高く凍結しません。

道はめっちゃ滑ります

ウトロに着くとまずは流氷のお勉強して・・・

そして

知床流氷ウォーク

流氷ウォークとは、ドライスーツを着用し、流氷の上を歩く遊び。
ぶっちゃけ、密度が高い流氷なら自分で歩けますが、安全上いろいろと問題があります。
それを解決したものです。

事前に連絡があり、ほとんど流氷ないけどいいですか?のこと
でも、せっかく来たらやれることはやっておきたい(^ ^)

ちなみに日本人はほぼキャンセル。
参加者は中国・台湾・韓国の人ばかり

僅かに残った流氷しかないので、正直あんまり期待してなかった。

まずはドライスーツを着用

家族は初めての流氷

ご覧のように、流氷は・・・少し。
無いと言ってもいいレベル

しかし
子供の喜びかたは半端なかった。
やっぱり、水遊びが好きなんだな(^ ^)
ガイドさんの話の途中で、我慢できなくなって・・・
こんなお客さん困ります。

やっと話終了。
と言っても1〜2分。

手をつけると濡れるとの説明にも関わらず泳いでいます(^ ^)

ラッコの気持ち

ドライスーツを着て、泳ぎ、流氷に乗るのは楽しい!
普通に流氷ウォークするより、ずっと。

なかなか、外国からの参加者は水の中に入ってきませんが、うちの子供は(^ ^)

めっちゃ楽しんでます!

息子は撮影係

珍しい4人の写真

外国の方々もやっと遊び始めました。

私の領土・・・・。

少ない流氷を沖へ持っていかないで(^^;;

あっという間の1時間
参加してよかった!!!

フレペの滝スノーシューハイキング

ビジターセンターからの簡単なハイキング。
自分の場合は、現地ガイドは不要!

この為に、わざわざ、スノーシューとストックを持ってきました(^ ^)

息子
背中出てるよ・・・。

ふかふかの森の中を歩きましょう!

フレペの滝のハイキングは結構簡単。
天気が悪くなければ、行くだけならガイド不要。

スノーシューが
なくても行けますよ。でも、スノーシューあった方が楽しい!!

もう子供たちもスノーシューは慣れたもんです。

でも、流氷ウォークの方が楽しかったんだって(^^;;

あんまりテンション上がらない娘。

もう疲れたか?

いや、歩くより雪合戦をしたいらしい。

そこへ、エゾジカ発見!

テンション上がります!

風が強く、雪が積もらない場所の草を食べているようです。

凍りついたフレペの滝

ちょっと時間が遅くなちゃったけど、来てよかった。

この夜は

夜は育ち盛りの息子に、もう食えんって言うくらい食べさせたかったので、
ホテル第一のマルスコイバイキング。多くの宿泊者が、オーロラファンタジーに行って、空いた時に食べまくり。
めちゃめちゃ充実したバイキングです。※写真は空いているように見えますが、それは20:00を過ぎているからです。
19:00頃までは、無茶苦茶混んでいます!多くの宿泊者は早めに食事をして、オーロラファンタジーというイベントを見に行くからです。

天ぷらも、寿司も、ラーメンも目の前で作ってくれます!

これも食べ放題!!!

見た目はマズイが、味は普通な流氷カレー

綿菓子も食べ放題!

閉店まで食べる息子

食べ過ぎて、力尽きた(^ ^)

遊んで、食べて、大満足の1日

今回の家族旅行のコース

①伊丹✈鹿児島✈名古屋✈女満別=紋別
②ガリンコ号=知床流氷ウォーク=フレペの滝スノーシュー=ウトロ
③=屈斜路湖ハクチョウ=摩周湖スノーシュー=野付半島大氷原=阿寒湖
④阿寒湖ワカサギ釣り=鶴居タンチョウ=帯広
⑤帯広✈羽田✈伊丹
次は摩周湖へ

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
スノーシュー日本北海道家族
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一