GW残雪期の燕岳に登ってきた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

残雪期であるゴールデンウィークの燕岳をみんなで遊んできました!
この時期には多くの登山者が訪れる人気のコースです。

いい天気に恵まれて、楽しく歩いてきました!

残雪期の燕岳登山をすすめる5つのポイント

燕岳は百名山ではありませんが、北アルプスでは登山者の多い山です。
北アルプスの中では初心者向きの山であり、GW以降の残雪期には程よい難易度で雪山を楽しめるので、人気のコースとなっています。ガイドがすすめる理由を以下に上げてみます。

合戦尾根登山ルートの整備状況がいい

燕山荘のスタッフが、シーズン前にきちんと竹に赤い旗を立てて、残雪期のコースをわかりやすく、案内を作ってくれています。

燕山荘が頑張っている

上記のコース案内と重なる面もありますが、小屋が頑張って営業しています。
生ビールもケーキセットもTシャツもちゃんと準備して、登山者の心を鷲掴み(^^)
途中の合戦小屋も飲み物を販売しています。※まだスイカはありませんよ!
燕岳と生ビール

雪崩のリスクが低い

燕岳へ向かう合戦尾根は、その地形から雪崩のリスクが極めて低く、安心して登ることができます。

技術的な困難が少ない

合戦尾根はなだらかな地形なので、急斜面の地形がありません。また、この時期はトラバースで燕山荘に向かう夏のルートは使用せず、直接尾根上を歩き燕山荘へ向かうコースに変更されています。ピッケルを持参しても使う可能性が低いです。燕山荘から燕岳へは残雪も殆ど残っていませんので、アイゼンすら必要ない年が多いです。

適度な登山時間

中房温泉の登山口から燕山荘まで普通に4時間程度。短すぎず、長すぎず、充実感のある山歩きが楽しめます。夏はアルプス初心者向きの山なので、体力的にも楽です。むしろ雪の時期の方が歩きやすいと思います。

残雪の燕岳で気をつける3つのポイント

比較的簡単に登れそうに思っても、雪山は雪山。気をつけるポイントは以下です。

残雪期でも天候によっては冬山になる

ゴールデンウィーク前後はその時の天候によって、山の状態は大きく変化します。
実際に山岳遭難は多いし、遭難した場合の生存率も夏山よりずっと低くなります。
燕岳に限らず、天候が安定しないと思ったら、潔く諦める決断力が必要です。
普段から厳冬期の山に登っていない方は、絶対にやめたほうがいいです。

以下は2017年の5月2日の燕山荘のブログに掲載されていた写真です。
技術・経験・装備がないとリスクが高すぎます。

燕山荘のブログより

装備はしっかり揃えよう

燕山荘のホームページではピッケルと10本爪以上のアイゼン、雪山のジャケット持参を勧めています。実際に全員がピッケルまで必要なのかは、ちょっと考えたりします。通常のコンディションならWストックの方が歩きやすいので。。しかし夏山と同じ軽装の登山者を見かけると、それはいくらなんでも。。。4本爪の軽アイゼンやチェーンスパイクでは絶対に登らないように。そういった装備しか揃えられない人は、登るべきではありません。
リーダーなどパーティーに1人はピッケルなどを持って行ったほうがいいかな。

荒れた天候で登るのなら、上記の装備は必須となるでしょう。

ネットでの情報収集に注意

基本的にFB・インスタ・ブログ等のネットの情報は「楽しかった」「きれいだった」ということをアピールするツールです。いいところだけを切り取って、ネットに掲載している事が多いです。天候の悪い時の写真は極端に少なく、いい時の写真ばかりがアップされます。そういった写真を見て、「この時期でもTシャツでOKなんだ」「アイゼンなんて要らないんだ」など勝手に想像して、必要な装備を欠かすことがないようにしましょう。

残雪の燕岳登山の日程&登山記

登山は1泊2日になります。通常は2日目に燕岳へ登る事が多いと思います。小屋での時間の過ごし方や天気予報などを見て総合的に判断し、今回は3日目に登頂しています。

1日目 大阪から中房温泉登山口近くの有明荘へ
2日目 中房温泉登山口(1450m)から合戦尾根を登り、燕山荘(2712m)へ
3日目 燕岳(2763m)を往復して中房温泉へ。有明荘で入浴・昼食の後、大阪へ

燕岳の登山口にある有明荘へ

いい天気です!安曇野で高速を降りると、雪の残るアルプスが見えてきました。

山道を登り、登山口近くの有明荘へ。ここは燕山荘の系列になります。
山小屋以上、旅館以下って感じの宿泊施設。温泉はいいですよ!
SoftBankは電波が弱いので諦めて下さい。

気になる夕食のメニューはコレ!
山の中とは思えない、いい感じ(^^)

美味しそう!

頂きま〜す!

食後は持っていく装備の話や

持参した地形図を配り

登山ルートの確認など。
リスクのある雪の山なので、事前の確認やレクチャーは大切です。

中房温泉から燕山荘

朝ごはんは7:00から

出発の時点で気温が高く、ジャケット類など不要です。
700m車道を歩くと登山口

登山届を提出!

登山開始です!

最初の休憩は第一ベンチ

次の休憩は第二ベンチ

その次は第三ベンチ

そして、富士見ベンチ
ここへ来て、やっとアイゼンを装着します。

やっと残雪の山らしくなってきました(^^)
天気がいいので、サングラスは必須です!

合戦小屋へ到着!
トイレは仮設で準備されています。

飲み物やパン、カップラーメンなどの販売もあります。スイカはないけどね〜。

合戦小屋からひと登りすれば、楽しい稜線歩きです!
もう少し頑張ろう(^^)

ルートには竹に赤い旗が付いています

やったぁ~!! 槍ヶ岳が見えてきました(*^_^*)

この景色では、写真に忙しくなかなか進みません(^_^;)

もちろん燕岳もバッチリ!

翌日も天気が良さそうなので、この日は燕山荘までとし、翌朝登頂することにしました。

無事に燕山荘到着です! 夏の道とは違いますよ。

ここから見る燕岳はホント美しい(*^_^*)

ゴールデンウィークの燕山荘

この日は気温が高かったので、小屋前の雪はグチャグチャ、ドロドロ(^_^;)

小屋の窓の大半はまだ雪に覆われていて、光が入らずに暗い状態です。

ラッキーなことに、窓のある最も眺めのいい明るい部屋を割り振ってもらいました!
部屋から燕岳が眺められます。

1人布団1枚以上あるので、多少散らかしても。。。余裕(^^)

外のテラスでのんびり!
お昼を過ぎても雲が出ず、4月なのが嘘のようなコンディションでした。

燕Tシャツ大人気!

生ビールで乾杯!!!
燕岳と生ビール

ワインもあります! 日本酒用のおでんも3パック!

日本酒は雪渓で冷に

ケーキセットも

この時期に、この景色を見ながら乾杯できる贅沢!

幸せでした! 満喫しました(*^_^*)

太陽が傾き始めました

部屋からも暮れていく燕岳が見えます。

夕食はハンバーグと赤魚の煮物

夕食後は暗くなり、槍ヶ岳が浮かび上がっていました

この日は満月に近かったので、星空はイマイチでしたが、
山が浮かび上がり綺麗でした。

残雪の燕岳登頂

4:30に燕山荘を出発です

まだ薄暗い

イルカ岩もまだ暗い

遠くには富士山が見えています

5:00前にご来光!

山も染まります

ご来光のポイントは山頂手前の広い場所でした。

そして燕岳の山頂へ!

THETAで撮影

燕岳の山頂は狭いので、撮影は北燕側がおすすめ

6:15の朝食に間に合うように戻ります。

メガネ岩

燕山荘から中房温泉

下山はあっという間でした!

無事下山!!

有明荘に戻り、入浴&昼食

お疲れ様でした!

この記事を見て残雪の燕岳へ登ろうと思った方がいましたら、晴れたらこんな日もある程度に思って欲しいです。天候が変われば、全く違う山「雪山」になってしまいます。今回は非常に穏やかで気温が高く、こういうことは稀だと思って下さい。

残雪の燕岳へ持っていく重要な装備

ライトアルパインブーツ もしくは アルパインブーツ

しっかりした靴を選んで下さい。基本的にセミワンタッチ以上のアイゼンが装着できる靴。
トレッキング用の底の比較的柔らかい靴は不可。

10本爪以上のアイゼン

天気が良ければ、そこそこの経験者ならアイゼン無しでも登れるんじゃないかと思える日もありますが、必要。天候が良くて、きちんとサポートしてくれる人がいるなら6本でもなんとか。4本爪やチェーンスパイク(チェーンアイゼン)は論外。

厚手のレインウェアか雪山用ジャケット

防水透湿性の素材は当然。レインウェアなら薄い素材ではないものが欲しい。もしくはソフトシェルと重ねるなど。雪山用のジャケットなら完璧。

ストック2本

要スノーバスケット。ピッケルより楽に歩けます。
念のため、グループに1人くらいはピッケルを持参したい。

燕岳に限らず、ゴールデンウィーク前後は夏山と冬山の両方の準備が必要になります。
しっかりと情報を得てから、行動して下さい。

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする