このサイトをセキュリティーの高いHTTPSに変更しSSL化しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のホームページはWIXというサービスを使っているので、2017年に簡単に数クリックでアドレスをHTTP→HTTPSに変更し、SSL化することでセキュリティーの高いサイトに変更しました。

そろそろ、このサイトも変更しないといけないなぁ〜と思いつつ、数ヶ月。

3月末に少し時間が取れたので、いずれするなら早い方がいいと作業しました。

セキュリティーの高いサイトとは

サイトのアドレスのスタートがhttps://で始まっています。
以前は大半のサイトがhttp://で始まっていたので、sが1文字増えたことになります。

ただ眺めるだけのサイトなら、セキュリティーや情報流出など考えにくいですが、一応このサイトも問合せページがありますので、いずれは求められる対応となります。

GoogleのChromeを使ってサイトを見ていると、2種類のサイトが有るのに気がつくと思います。

HTTPSのサイト

以下が私のサイトの表示になります。
保護された通信という表示があります。アドレスはhttpsで始まっています。
なんとなく、安全なサイトという感じがしますね!

ガギをクリックすると

きちんと安全管理ができています!

セキュリティーの低い 非HTTPSのサイト

対して、まだhttpsになっていない、httpのサイトは注意喚起のマークが付いています。

左のⓘをクリックすると注意事項が表示されます。

非HTTPSのサイトが悪いわけじゃないです。
個人情報を入力しないサイトなら問題ないと思います。

但し、個人情報を扱う企業のサイトは違います。
企業の姿勢が問われると思います。
私は非HTTPSのサイトでクレジットカード決済など絶対にしません

そして、気をつけたいのが
見かけ上はHTTPS化しているけど鍵がかかっていないサイト

左のⓘをクリックすると非HTTPSサイトと同じ注意事項が表示されます。
要するにアドレスは変えたけど、きちんとサイト内部の設定等ができていません。

見かけはHTTPSだけど、セキュリティーは低いままという状態。

ということで、こういうサイトでのカード決済は一般的にはおすすめできませんね〜。

日本クレジット協会にページにも書かれていますよ。

HTTPS化のデメリット

私はITは得意ではないので、色んなサイトを参考にしながら四苦八苦(^_^;)
完了するのに3〜4時間ほどかかりました。

このサイトはエックスサーバー&ワードプレスで作っています。情報が多くて助かった!

明確なデメリットは、アドレスが変わってしまうのでこれまでのSNSのシェアやいいねがリセットされて0からの出発になることです。。。これはどうしようもない。

また、変更後の数日間ですが、Googleの広告アドセンスの収入が激減しました。
え〜〜ってなるほど、広告のクリックがない状態でしたが、現在は以前に戻っています。

ということで、安心してお問い合わせ下さい!

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする