読図講習会 in 六甲山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトドアサークルの読図講習会で講師をしてきました。
私は地理学科出身なので、こういう話は得意です!!

午前は座学、午後は実技の充実の内容です。

地図の読み方

近年は本屋で地形図を買うことは激減し、手軽に使えるインターネットの地形図をプリントアウトして使うことばかり。講習用に、かつて購入し使った地形図を広げてみると、いろんな書き込みがありました。日記のように使ったり、ポイントのメモだったり。暫く、やっぱり地形図はいいなぁ~と見返してしまいました。プリントアウトした地図は、終わったら捨てちゃったりするもんね。
写真は1996年に西表の西部をカヤックで冒険(当時の感覚では)した時の書き込み。

読図講習会座学

座学では地図の基本から

三角関数を使った磁北線の引き方
読図講習会

等高線の読み方

コンパスの使い方
地図の読み方

3時間でも足りないくらい

等高線が読みにくい時は主曲線を濃いめのペンでなぞると分かりやすくなる。

地形が読みにくい時は谷と尾根にマーカーを引いてみると分かりやすくなる

正確な磁北線は三角関数を使うと、引きやすい。難しそうだけど、関数電卓を使うと簡単!

などなど。

読図講習会 実地

午後は六甲山を歩いて、地形を考えながら歩いてもらいコンパスを使って、目的のポイントを探してみたり。

コンパスって難しい道具と思いがちですが、磁北線からの角度を測る道具と思うと、それほど難しいものではありませんよ!
山座同定
分かり始めると、すごく楽しくなります。

この講習用の復習用に作ったサイトが地図の読み方で検索すると、Google1番になりました!

登山ガイド沖本浩一のホームページ 地図の読み方とコンパスの使い方
https://www.okimoto-guide.com/map

登山には地図読みの技術は必要不可欠!
しっかり勉強しましょうね。

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする