冬の野付半島はウユニ塩湖のような大氷原

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野付半島

北海度では決してメジャーとは言えない観光ポイントですが
ここでしか見られない自然の宝庫!

子供の頃、地図を見て、
どうしてこんな地形になるのか不思議に思ったものでした。

今回の目的は、凍りついた野付湾
まるで乾期のウユニ塩湖のような景色が広がります。

冬の道東 家族旅行の日程

①伊丹✈鹿児島✈名古屋✈女満別=紋別
②ガリンコ号=知床流氷ウォーク=フレペの滝スノーシュー=ウトロ
③=屈斜路湖ハクチョウ=摩周湖スノーシュー=野付半島大氷原=阿寒湖
④阿寒湖ワカサギ釣り=鶴居タンチョウ=帯広
⑤帯広✈羽田✈伊丹

摩周湖のスノーシューを終え、下山したら、大好きな弟子屈ラーメンで腹ごしらえ!

やっぱり、弟子屈味噌が一番うまいな(^ ^)

食後は野付半島へ向かいます。
半島に入ったら、急に自然の雰囲気に

まるで北欧をイメージする景色になります。
トナカイとエゾジカと違いはありますが。

オオワシは電柱に

オスジカの群れ

静寂の中で、角がぶつかり合う乾いた音が響きます。

凍りついた湾内に佇むオオワシ

立派な角のオスジカはじっとこっちを見ています。

さて、凍りついた湾内へ足を踏み入れてみましょう!

野付半島大氷原ウォーク

以前は気がつかなかったけど、ウユニ塩湖に似ているといえば似ている(^ ^)

浅い野付湾は、この時期には凍りついて、白い大地に!

うっすら積もった雪の上を歩きます。

こうゆう景色、大好きです(^ ^)

走ったり

飛んだり

寝転んだり

また走ったり

周辺が白で明るいので、写真がどうしても逆光気味になってしまいます。
行くなら、午前中がオススメです。

帰り道もオジロワシ

オオワシ

明るい望遠レンズと性能の良いカメラが欲しくなる(^^;;

この日もたっぷり遊びました!

次の目的地は阿寒湖でワカサギ釣りです。

今回の家族旅行のコース

①伊丹✈鹿児島✈名古屋✈女満別=紋別
②ガリンコ号=知床流氷ウォーク=フレペの滝スノーシュー=ウトロ
③=屈斜路湖ハクチョウ=摩周湖スノーシュー=野付半島大氷原=阿寒湖
④阿寒湖ワカサギ釣り=鶴居タンチョウ=帯広
⑤帯広✈羽田✈伊丹

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする