個体差いっぱい! エゾノツガザクラ

《エゾノツガザクラ/蝦夷の栂桜》

ツツジ科/Ericales
ツガザクラ属/Phyllodoce caerulea

ツツジ科ツガザクラ属の常緑小低木。日本では北海道~東北地方以北の高山帯の適度に湿り気のある岩場や草地に群生する。
◎写真:大雪山/羅臼岳

北海道の山に登ればいっぱい見ることができます。

よく見ると、群落によって色や形が微妙に違います。
それはアオノツガザクラと自然に交配するためです。

濃い赤から、白っぽいものまで変化があり、
ガイドをしていて説明するのも楽しい(^^)

また、花に穴がいているものも多く、エゾオオマルハナバチによる盗蜜痕が見られます。

色々お客さんに自然の話のネタを提供してくれるお花ですね。

盗蜜痕 穴が開いています 

細長い花のほうがアオノツガザクラの遺伝子が少ないともいわれます。

アオノツガザクラと並んで咲いています
色が薄く丸い個体はアオノツガザクラの遺伝子が多いとも

大雪山のお花畑
私の最も得意な山と言っても過言ではない大雪山 多い年は1年で4回位縦走してました! お花が多くて地形も面白くていっぱい伝えたい事があるのに 縦走すると、ゆっくり話すには時間が足りません このツアーはそういう私の不満を解消したツアー! 少人数限定で縦走せず、途中で引き返してこの山のことをいっぱい話します(^^) どうしても、来たかったので大姑娘山のツアーから中1日!! ハードで...
高山植物
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
登山ガイド 沖本浩一