大峰山 前鬼川キャニオニング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近すっかりキャニオニングに夢中な子供達!!

神童子谷に行ったばかりですが、前鬼川へ行ってきました。
前鬼ブルーと呼ばれる水の色が最高でした!

今回はいつもより早く家を出たのですが、前鬼川の入口にはも結構な車が止まっています。

この滝の上流部です。

目の前の黒谷へ入渓して本流との合流ポイントから下ります。

本当は垢離場ある孔雀又谷へ行きたいけど、子供のスピードではちょっとシンドイ。小仲坊経由の帰り道にはヒルも多いので、山が嫌いになられても困るし。

駐車場にはもうヒルがウヨウヨ・・・。

キャニオニングの準備は結構早くなった。車を降りるとすぐに準備。
だいぶ慣れてきた??

ところが、今回は自分が忘れ物だらけ・・・。カメラを忘れて、iPhoneでしか撮影してません。毎回防水ケースから出すのも面倒なので、写真少ないです。

まずは、黒谷へ
林道沿いにイワタバコが見事に咲いていました。

これから歩き始めます。

支流でも水は多いです。 そして、冷たい!

前回の神童子谷で目覚めて、キャニオニングが好きになった娘。
見た目にこだわるので、同系色にまとめてます。ヘルメットは自転車用だけど。

本流へ!
いい感じの淵があります。

キャニオニングツアーがやってきた。
ツアー会社によってはここは18歳以上じゃないとダメ・・・。
そんなに厳しいコースじゃないと思うけど。

キャニオニングツアーに飛び込み岩譲ったので、崖へ登ってジャンプ!

前回の反省から、お昼は温かいものを!
ということで、安易にカップラーメンを選択。
しかし、ザックの中にはそれがない・・・。
(;一_一)

車に忘れた・・・。

ヤバイ!

でも、食べないわけには・・・。

ダッシュです!往復20分!!!
車まで昼食をとりに
崖を車道まで登り、ダッシュで往復。

一番疲れた・・・。

少し待たせたけど、食べられて、よかったね(^_^;) 

水に入ると冷たいけど、気持ちいい!
シュノーケルしたら、アマゴが時々。

飛び込み中

飛び込まないと、先に勧めない??

息子が真っ先に!
水の上歩いてるみたいな写真になったけど。

1人では飛べないので

一緒に飛びました!

その先で適度なスライダー

iPhone濡らさないように、もう写真はありません。
カメラ持って、また行きたい! できれば孔雀又谷へ。

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする