雪の五竜岳登山

登山&アウトドアガイドの沖本です!

4月の上旬に北アルプスの五竜岳に登ってきました。良すぎるくらいの天候に恵まれて、楽しく登れました!

手軽に登れる山ではありませんが、充実感はあります。

スポンサーリンク

雪山の五竜岳の日程

五竜のスキー場から遠見尾根の往復プランです。

よく、隣りにある唐松岳と比較されますが、唐松岳よりダイブしんどいですよ。遠見尾根が長いし、日帰りはかなりの健脚&雪のコンデションが良くないと難しいので、テント泊が必須です。ということは、荷物が重たくなります。五竜岳の直下も確実なピッケル&アイゼンの使い方がマスターできていないと危険です。

自宅(奈良)=白馬村
=五竜スキー場ーゴンドラ&リフトー…中遠見山…大遠見山・テント泊
…西遠見山…白岳…五竜山荘…五竜岳…五竜山荘…白岳…西遠見山…大遠見山…中遠見山…スキー場ーゴンドラー五竜スキー場

【雪山】五竜岳テント泊 / 沖本浩一 プロガイド さんの五竜岳西遠見山中遠見山の活動データ | YAMAP / ヤマップ

 雪の五竜岳登山

遠見尾根を歩きキャンプサイトへ

スキー場の上部から遠見尾根に向けて出発です。ビーコンチェッカーで確認。緑色の○になったところを撮ったのに、周囲が明るすぎて、写真じゃ光っているように見えない。。。

この時期は、例年以上の高温が続き雪のコンデションがよくありません。午前中なのですが、雪は緩んでいます。

ということは、天気がいいということの裏返しでもあるのですが(笑) 五竜岳と遠見尾根が美しく見えます。
※写真の2人はいい天気だね〜っておしゃべりしていただけで、同行者ではありません。この装備で山頂は無理ですよ。

この日は西遠見山付近でテント泊なので、余裕があります。

小遠見山の山頂は巻いて遠見尾根に出ると、鹿島槍がカッコイイ!!!

カクネ里雪渓が見えてきました。もう周辺は雪崩れまくっているようです。

雪庇はまだしっかり残っています。でも近いうちに落ちそうな予感

天気がいいのは嬉しけど、殺人的な紫外線を感じます

時々、雪崩の音が聞こえます。見える範囲でも雪崩れています。春はすぐそこ。

大遠見山と西遠見山の間でテント設営

風のある日だったら、ここには張りませんよ。五竜岳と鹿島槍ヶ岳の眺めが最高なのでここにしました。

ドローンを飛ばしてみました

設営終了後は、軽く宴会

から、外で夕食  美瑛の丘めしドライカレー(尾西食品製造) とカップラーメンリフィル。

夜の星空はキレイでした。

キャンプサイトから五竜山荘

夜明けとともに出発

太陽が昇ってきました

鹿島槍

西遠見山で この先はピッケルのエリア

最初の難関は白岳 トラバースはしません、夏と同じ山頂経由で。

太陽が当たり始めると、驚くべき早さで雪が緩み始める。。。。
えっ〜〜って感じです。もっと早く出ればよかった。

トラバースをしなかった理由は、雪崩が怖いから。朝なのでまだ確率は低いだろうけどね。

白岳からは唐松岳

少し下ると五竜山荘

このあたりからが、山頂への道を確認しやすい。稜線はほとんど歩きません。

当たり前ですが、山荘は営業していない&トイレは使用不可です。

五竜山荘から五竜岳山頂

この日のコンディションなら、前半は簡単な道です。

気持ちのいい登り

流石にここまで登ると雪の状態はいい。サクサクとアイゼンの刺さる音がします。

少しずつ難易度が上がります。雪の状態や風によっては細心の注意が必要となります。

時々、岩と雪のミックスが。このへんで一眼は邪魔なのでザックへ封印。

写真だと急に見えます(笑)

きっとここを下る時が、今回で一番難易度が高いんじゃないかな??

山頂付近まで登ってきました

お疲れ様!!!

もちろん誰もいないので、ドローンに撮ってもらいました

剱岳もカッコイイです

鹿島槍

下山は往路を下ります。
雪が柔らかくなり、残雪期に突入したなぁと実感しました。

バックカントリースキーのプロ集団が撮影に登っていました。いつか、こんなところからスキー滑降してみたい(笑)
このブログでは書いていないけど、バックカントリースキーを密かにはじめました。来シーズン以降、紹介できるレベルになれば記事をアップしますね。

ガイド同士なので、サラっと下山。

雪山五竜岳の装備

テント泊装備

残雪期といっていいコンデションでした。しかし、装備は厳冬期と同じレベルのものを持参しています。

テント
シングルウォールで風に強く、透湿性も高いので結露しない驚異のテント。内部は広くて快適で使うだけでテンションが上ります!

シュラフ
モンベルの#0を使用しています。

マット
クローズドセルなら雪の上で座布団にしたり、便利で頑丈です。もうこれ一択!

バーナー
SOTOのアミカス。少人数の時はこれで充分

神ちゃんの雪山コーデ

今回一緒に遊んだのは、ガイド仲間の神ちゃん(神崎)。 どんな装備で五竜岳に登ったのでしょうか?

マムートで決めています!

なかなかのお値段! 定価で買うなら勇気がかなり必要(笑)


以前は海外でのガイドが多かったので、ヨーロッパなどの現地で購入したものも多くあります。

ピッケル

プロープ

ヘルメット

アイゼン

ビーコン

登山靴

ザック

ストック

ガイドはいいウェアや装備を買っておかないとという見本ですね!

この後、白馬に残り別の組とバックカントリーの練習をして、今シーズンの雪山は終了!

次のシーズンが待ち遠しい!