八重山諸島の島々で自然を満喫

昨年トカラ列島に行った時にお客様から石垣島へ行きたい! とう希望があり、実現した今回の旅
大好きな八重山(石垣島周辺の離島の総称)なので、テンションが上ります。天気も最高で、私自身も満喫してきました!

スポンサーリンク

八重山の自然満喫の日程

山から海までたっぷりと遊びます(^^)

✈石垣島=於茂登岳登山=石垣市街
〜西表島/上原港=ピナイサーラの滝トレッキング=星砂の浜=西表島/上原港〜石垣島
西表島/上原港〜鳩間島散策〜バラス島シューノーケル〜西表島/上原港〜石垣島
〜波照間島ーサイクリング〜石垣島
〜竹富島ーサイクリング〜石垣島✈

石垣島・於茂登岳登山

沖縄県の最高峰は石垣島の於茂登岳です。石垣島の空港から近いので、初日に登っちゃいます!

年々道が荒れている印象です。

於茂登岳の場合は登山を楽しむというより、都道府県の最高峰を。。。っていう意味合いが強い。1時間半ほどで山頂付近へ。

山頂に付近は電波塔があり、広くなっています。

あまり眺めはよくありませんが、石の上に立つと海が見えます!

沖縄のてっぺん! お疲れ様でした。

帰りもヌルヌルの登山道を。。。 中途半端に整備したコンクリートが劣化して割れて歩きにくいです。

西表島・ピナイサーラの滝トレッキング

一般的にピナイサーラの滝というと、カヤックを使い川を遡り、ショートトレッキングで滝壺へ。っていうのが多いです。というか、現地ツアーはそればかり。今回はジャングルを歩いてピナイサーラへ行っちゃいます。

最初から川をバシャバシャ渡ります!

はじめは靴が濡れるのが嫌なのですが、早く開き直りましょう(^^)

緑が美しい

歩く人は多くないのですが、登山道があります

でも、そのまま歩くと滝上へ行ってしまうので、途中から秘密の道へ!

セマルハコガメ発見!

キノボリトカゲも発見!

大きいオオタニワタリ!

サキシマスオウノキで記念写真

途中からカヤックのお客さんと同じ道を歩きます

そして、ピナイサーラの滝へ

カヤックのお客さんとタイミングを外したので、貸し切りでゆっくり楽しめました(^^)

下山して、ビーチに寄ったり、パイナップルを買ったり。
西表島のピーチパインは最高です(^^)

西表島・鳩間島・バラス島シュノーケリング

毎日いい天気が続いています!
宿泊しているのは、石垣港の前のホテル。眺めは最高。団体の観光客が来ないのも静かでいい(^^)

朝ごはんも美味しい

そして、ブルーシールのアイス食べ放題(#^.^#)

この日は再び西表島へ

大好きな海遊びのスタートです!!

ほとんどの方は、ウェットスーツを着るのが初めて!
大騒ぎで着用(^^) 初めてのことをするのは楽しいけど、ドキドキ。

本来なら、バラス島で練習したいんだけど、潮の満干でまだ出てきていないので、いきなり船からのシュノーケリングに。コレも大騒ぎでした(#^.^#)

でもだんだん慣れてくる! きれいな輪にはならなかったけど、頑張りました。

海の中は最高!!!

めっちゃ楽しんで、鳩間島へ

鳩間島は西表島の北にある、小さな島。人口も50人いないとか。でもこの島が大好きで、今回で5回目になります。港の海の色も最高です!

昼食を食べて、島内を散策

灯台の丘にも登りました

いい眺め

午後からはバラス島へ

バラス島とはサンゴのかけらでできた島です。

ここでもシュノーケリング

自分も楽しむし、お客さんを引っ張ってあげたり(笑)

楽しい一日でした!

波照間島サイクリング

有人島の最南端は波照間島! 石垣島から船で1時間ほどです。ここでは自転車を借りてサイクリング。

波照間島の郵便局で記念撮影!

真面目に走れば2時間かからない大きさの島です。デイゴの木のしたで休憩

さとうきび畑

海岸線

日本最南端の碑

波照間島で最も美しいニシ浜

ニシ浜では時間があったので泳いじゃいました(#^.^#) ちょうど満潮の時間なので、ウミガメと一緒に!

最後は防波堤の上からニシ浜を眺めます。これぞ波照間ブルー!

最後の夜はライブのお店で大盛り上がり

あり乾杯!!!!

竹富島サイクリング

最終日は竹富島で半日のサイクリング

最後までいい天気でした。

コンドイ浜

西桟橋

水牛車

いっぱい遊んだ5日間でした!コレを機会に沖縄の離島がもっと好きになってくれたら嬉しいな!

関連記事と広告
安心のブランド勢揃い!通信販売なら好日山荘がオススメ! アフターサービスも充実
通販ならアフターサービスも充実の好日山荘 
アマゾンで登山用品を探すと、意外な商品が見つかるかも! 小物ならアマゾンがオススメ。
掘り出し物も続々と! 
シュノーケリングサイクリング沖縄島旅
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一
タイトルとURLをコピーしました