紅葉の八甲田山と八幡平を歩いてきた

10月上旬、紅葉のベストシーズンを迎えた北東北の山を歩いてきました。

2018年は台風に翻弄されるシーズンとなりました。出発直前まで台風の進路を気にする日々でした。
なんとか、出発できてよかったです!

八甲田山 紅葉

紅葉の八甲田山と八幡平

当初は岩木山、白神山地、八甲田山、八幡平というスケジュールでしたが、台風後の悪天で変更を余儀なくされました。その時の天候を加味して、最大限楽しめる案内を心がけます。

八甲田山と八幡平の日程

当初は下記の予定でしたが

松山空港✈伊丹空港✈仙台空港=獄温泉
=岩木山八合目…岩木山…八合目=津軽峠(白神山地)ハイキング=酸ヶ湯温泉
=山麓駅ーロープウェイー田茂萢岳…八甲田大岳…毛無岱…酸ヶ湯温泉=安比高原
=八幡平頂上…八幡平山頂…八幡沼…八幡平頂上=仙台空港✈伊丹空港✈松山空港

 

最終的にはこのような日程で案内してきました。予定通りとは行きませんでしたが、紅葉は素晴らしくて東北の山を楽しんでいただけたと思います。

松山空港✈伊丹空港✈仙台空港=獄温泉
=岩木山八合目=津軽峠(白神山地)ハイキング=酸ヶ湯温泉
=睡蓮沼=酸ヶ湯温泉…毛無岱…田茂萢岳ーロープウェイー山麓駅=安比高原
=八幡平頂上…八幡平山頂…八幡沼…八幡平頂上=仙台空港✈伊丹空港✈松山空港

獄温泉へ

台風の影響で、予定の便から遅れて獄温泉への到着が遅れてしまいました。

夕食は津軽らしいメニューでした

白神山地の津軽峠へ

岩木山のスカイラインで八合目に行ってみるも、予想通りの悪天。山麓は晴れているんだけどね。

岩木山は風が強いともろなので、登山は諦めます。

西目屋村の白神山地、津軽峠へ行こうと思うが、台風の影響で通行止め。12:00にオープンするとのことなので、ビジターセンターを見学してから、津軽峠へ。

みんな白神山地といえばブナの森をイメージしますが、そんなにブナの純林は多くなくいろんな木々が生えています。だからこそ豊かな森なのですが。津軽峠からはマザーツリーというブナの巨木が有名です。しかしながら、2018年の9月の台風で折れてしまったとのこと。どうなっているのかな?

ここは歩く距離は非常に短く、普通に歩いているとあっという間に終わってしまいます。もちろん白神の森のことなんて理解できない。この日は登山ガイドというよりもインタープリター(自然解説員)に徹しました。

立派なトチノキもあります

ヨーロッパだとヘーゼルナッツと呼ばれる、ハシバミ。
ヘーゼルナッツはチョコレートとの相性◎ハシバミ

立派だったブナは無残にも折れていました。
でもこれは完全に自然のこと、仕方ないですね〜。この後、空いた空間と光を求めて周辺の植物の競争が始まることでしょう!
折れた津軽峠のマザーツリー

津軽峠の次は八甲田山の麓、酸ヶ湯温泉へ。途中の城ヶ倉大橋を歩いて渡ります。まだ紅葉していないけど、ここが紅葉していたら山は終わりだから、これでいい。

遠くには岩木山が

酸ヶ湯温泉はこれぞ日本の温泉!って感じです。でも湯船とかは写真撮れません。。。食事のみ。

八甲田山登山

なんと、朝は風が強くてロープウェイ運休。。。9:00までは粘れるけど、それ以上動かなかったらルート変更です。困ったなあ。酸ヶ湯温泉の周辺は紅葉が始まりはじめています。

睡蓮沼へ

いい感じで紅葉しています。

この日のニュース

 

結局、ロープウェイは動かないので酸ヶ湯温泉から毛無岱を目指すことに。ロープウェイでが動けき始めれば、宮様コースからロープウェイへ。動かなければ往復の予定で。

酸ヶ湯温泉からの登りだしはブナの純林

そして下毛無岱へ

時々太陽が顔を出すと、一気に森が輝きます!
自然を解説しながらゆっくり歩きたいけど、ここは木道なので、そのへんがちょっと難しい。

下毛無岱と上毛無岱の斜面は特に美しい(^^)

そして、階段からは絶景!
八甲田山 紅葉

上毛無岱の紅葉はピークを超えていて、ここが一番きれいでした!

ロープウェイが動き出したので、田茂萢岳のロープウェイ駅へ。
最高峰の大岳は登れなかったけど、紅葉はたっぷりと楽しめました!

最後はロープウェイで下山

八幡平ハイキング

八幡平はあえてハイキングと書いています。あれだけ整備されていればね。。
私は、八幡平の山頂へ行くアスピーテラインの紅葉が大好き。樹種が多いので、ほんとにきれい。八甲田も八幡平も山頂よりきれいです。

歩道があれば、歩きたいくらいです。

八幡平の山頂周辺は登山装備が要らないような場所です。鏡沼

眼鏡沼

八幡沼

遠くの山は岩手山!

湿原も美しい!

池塘に映り込むオオシラビソの森

素晴らしかった! 山はやはり天候ですね(^^)

最後は仙台の牛たんで〆!

 

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
東北愛媛新聞旅行
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一