奄美大島と秘境のトカラ列島有人島を全て歩いてきた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も奄美大島とトカラ列島を歩いてきました。

ホントに、色んな意味で大変なトカラ列島(^_^;)

ちょっと苦労しましたが、今回も全有人島に上陸できました!
個人ではちょっと不可能なツアーならではの企画です。

今回は山旅人と私の元同僚とのコラボツアー(^^)

奄美大島とトカラ列島を歩く日程

奄美大島の自然とトカラ列島を楽しみます。
ポイントはトカラを巡るチャーター船と島内の手配。
島によって温度差はあるけど、観光客大歓迎!!!って島じゃないから。。。
いろいろ大変です。

1日目 各地✈奄美大島=田中一村美術館=名瀬
2日目 =金作原林道散策=住用川マングローブカヤック=名瀬
3日目 〜チャーター船〜宝島(イマキラ岳登山)〜小宝島散策〜悪石島
4日目 =御岳登山=島内めぐり〜諏訪之瀬島散策〜平島散策〜中之島
5日目 =御岳登山…島内散策=中之島
6日目 〜口之島(フリイ岳登山)〜定期船〜鹿児島
7日目 鹿児島✈各地 

奄美大島を歩き漕ぐ

これから観光客が増えそうな、奄美大島。亜熱帯の森からマングローブの森の広がる海岸沿いまで豊かな自然が広がります。

金作原林道

まず向かったのは、金作原林道。奄美の亜熱帯の森の象徴的な場所です。
林道の奥にあり、ナビや案内を見てもよくわからない行きにくい所にあります。

特別、金作原林道が奄美の自然の中で優れているということではないような気がしますが、有名なので外せません(^_^;) 奄美大島金作原ヒカゲヘゴ

ヒカゲヘゴの葉の落ちた跡の模様

iPhoneのパノラマを縦に使ってみる

照葉樹と亜熱帯の植物が混生する面白い森でした。
高山系の植物はまぁまぁ分かるとしても、熱帯系の植物の知識が少ないのを痛感。
次までに勉強し直しだ!

住用川のマングローブ林

奄美のアウトドア体験の目玉はここかも。

カヤックの前に、鶏飯を頂いて
奄美大島の鶏飯

最初はカヤックのレクチャーを受けます。
簡単なので誰でも大丈夫ですよ!

いよいよ、目玉のマングローブのトンネルへ

メヒルギとオヒルギの森をのんびりと(^^)

今回のパートナー、吉田くん
長年同じ会社で働いてきたけど、一緒にツアーに出るの初めてです(^^)
お互い、あんな●●辞めてよかった〜!!!とハイテンション。 

夕食は奄美料理の喜多八へ。
食事も会社の指示じゃなく、お客さんが喜んでもらえるように自分達でチョイスできますからね〜。

美味しくない訳がない!

奄美といえば、黒糖焼酎です!!!
人気は「れんと」と「じょうご」

ライブありの楽しい夜でした!

トカラ列島の宝島へ

船をチャーターして、トカラ列島の有人島に全部上陸します!
宝島はイマキラ岳へ登ります。

宝島のイマキラ岳と女神山の間は、まるで田中一村の絵の中のような景色が広がります。

林道を歩けば宝島最高峰のイマキラ岳

山頂からの景色!

宝島にはおそらくトカラ列島で最も大きなお店があります。それでも1日3時間のみ、

トカラ列島の小宝島へ

とっても小さな宝島は数時間で十分歩けます(^^)

これがチャーターした「ななしま2」です

この島の見どころは温泉(^^)
この景色を見ると、この島に泊まって入浴したくなりますね!

回転させるシステム、いいですね!

足湯で楽しみました!

トカラ列島の悪石島へ

この島に宿泊します! 名前にインパクトがありますよね(^^)

離島感あふれる、荷物運び

夕食はマグロとオキサワラの燻製

翌日は悪石島最高峰の御岳へ

最後はシュロとガジュマルの森歩き

順調だったのはここまで。。。
この後は、天候に振り回されることに。。。

それは、今夜泊まる中之島の宿からの電話でした。
波が高く、明々後日の船は来ないみたいだから、3泊になるねぇ〜〜とのこと

?????

慌てて調べると、私達が森を歩いている間に、そういった内容の放送があったとか。

悪石島の港では小学生や島の人が遠足で釣りの真っ最中。
今後の予定をどうするか思案していると、島の人達がこの放送が流れると、まず船は来ないから、早く帰ったほうがいいと。

チャーター船が迎えに来て、船長も明日からはこの船は波で動けなくなるので。。。。
ということで、日程短縮を決定。この日のうちに平島、諏訪之瀬島、口之島へ渡り、中之島で宿泊、翌朝の便で奄美へ向かい帰ることに決定。

トカラ列島の平島へ

いきなり、強行軍のツアーになってしまいましたが、トカラ列島の全島には上陸させてあげたい!とうことで、波が弱いうちに平島へ向いました。

風が強くなり、この島で昼食を食べて、あっという間に諏訪之瀬島へ向かうことに。
ガジュマルに案内したかった。。。

トカラ列島の諏訪之瀬島へ

波が高くなってきました。
小型のななしま2はよく揺れます(^_^;)

諏訪之瀬島の海岸線は流れ出た溶岩が波で侵食されているのがよくわかります。

昨年から作業しているはずの、座礁船解体ですが、進んでいないね〜

因みに昨年撮った写真は

更に歩いて、空港へ! 気持ちのいい道です。

空港からは、諏訪之瀬島の最高峰の御岳がよく見えます。

トカラ列島の口之島へ

本来ならフリイ岳へ案内したいけど、時間がないので港から集落への案内。
口之島の集落は独特な感じがします。白い屋根だと多少は涼しくなるんだろなぁ。

トカラ列島の中之島へ

バッタバタでしたが、なんとかトカラ列島の全有人島に上陸を果たしました!
宿泊は中之島のなごらん荘。トカラの宿の中ではとってもいいです(^_^)

滞在時間が短くてごめんなさい。。。

翌日の天気図 前線がもろに。

翌朝の早朝には鹿児島からのフェリーが到着して、奄美大島へ。

中之島へやって来たフェリーとしま2は新造船!快適な奄美大島への船旅でした。

今回はドタバタしちゃいましたが、全島に渡れてよかったです(*^_^*)

最終的には下記のような日程になりました

1日目 各地✈奄美大島=田中一村美術館=名瀬
2日目 =金作原林道散策=住用川マングローブカヤック=名瀬
3日目 〜チャーター船〜宝島(イマキラ岳登山)〜小宝島散策〜悪石島
4日目 =御岳登山=島内めぐり〜平島上陸〜諏訪之瀬島散策〜口之島散策〜中之島
5日目 〜定期船〜奄美大島
6日目 奄美大島✈各地 

全島を歩けた時の記事はこちら

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする