東大台ヶ原と西大台ヶ原の紅葉ハイキング

秋の東大台ヶ原と西大台ヶ原のハイキングに行ってきました。
紅葉のピークは過ぎていますが、快晴で気持ちの良い山歩きでした。

日本で雨の多い山といえば
屋久島の宮之浦岳と
この大台ヶ原でしょう

しかし、何回行っても、雨は降らないんんだなぁ・・・(^^)

自称、晴れ男!!!

今回は東大台ヶ原はと西大台ヶ原の両方を歩きます。
右の一周が東大台ヶ原のコースで左が西大台ヶ原のコース。
どちらも周遊です。

紅葉は残念ながらピークを過ぎていました。しかし、ものすごい人出!!!

朝の6:00には駐車場は満車だったとか。

東大台ヶ原はシオカラ谷から反時計回りで!
この方が大蛇嵓の混雑が避けられる。

駐車場に着いたら、皆さんビジターセンターへ歩くので、多くの人が時計回りで歩きます。その逆を突く(^o^)

逆コースは静か!

シオカラ谷で吊橋を渡ります。
沢に降りて、休憩。
その後は、シャクナゲの坂を登ります。

大蛇嵓に到着!
ここの展望は大台ヶ原No1!

混んでいるように見えますが、殆どお客さんです!

正木ヶ原

日出ヶ岳まで来ると、大混雑!!!

日帰りの人たちが、どんどん湧くようにやって来ます。

みんな空を写しています!

この後は、宿の心・湯治館に戻り、ビジターセンターで西大台ヶ原のレクチャー。
西大台ヶ原は、事前申請が必要な、利用制限地域。
誰でも入れないので、ご注意下さい!

翌日、朝一で入山です。
天気はいいけど、低温&強風
樹林帯の西大台ヶ原でよかった(^^)

苔がキレイなコースです!
雨が多いので、屋久島っぽい。

このコースは山のガイドというよりは、ネイチャーガイドとしての知識が必要

少し標高が低い所は、紅葉が残っていました。

大量の落ち葉が道の上に積もっています。
まるで、新雪のよう!!

メチャメチャ気持ちいい(^^)

でも、道はわかりにくいです。

ミズナラの巨木

展望台からは、昨日の大蛇嵓が見えます。

写真ではわからないけど、かなりの風が吹いています。

この日の服装は
メリノウールのシャツ2枚とファイントラックのニューモラップというソフトシェル。
ニューモラップは対応温度が幅広く、朝から帰宅まで同じ服。
足しも引きもしなくて、快適!

この吊橋は揺れますよ!!

最後はナゴヤ谷を登り

一周です

駐車場は満車!!
路駐も長蛇の列。

産K新聞旅行は大型バスで来てます・・・・。それもトップシーズンの週末に。
関西のバス協ではここは大型ダメなはず。
ドライブウェイの入り口あたりは、道が狭く対向がなくても大型ギリギリです。
このバスの後ろは大渋滞必死。これはやっちゃいけないでしょう。

ドライブウェイの途中で、大峰山脈を眺めます!
山上ヶ岳・大普賢岳・行者還岳・弥山・八経ヶ岳・釈迦ヶ岳・笠捨山
どこまでも見える感じでした。

そろそろ、紅葉も関西の低山に降りてくる頃ですね!

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
日本関西日本百名山
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一