厳冬の釧路湿原カヌー

登山&アウトドアガイドの沖本です!

2021年の冬は、北海道を中心に案内してきました。本職は登山ガイドなのですが、登山系旅行会社の支店長を務めていた経験を生かして、いろんなアウトドア旅行のプランニングもしています。

2021年、冬の北海道は5組案内しました。その2組目は冬の北海道リピーターのお客様。どこのツアーを探してもやっていない、面白いアウトドア旅行を企画しました!

厳冬期の北海道。その一番寒い時に、釧路湿原でカヌーを楽しんできました。

ホント、寒かった。でも、寒ければ寒いほど美しいと感じます。

スポンサーリンク

冬の北海道ツアーの日程

今回のツアーは1月の下旬。出発日が爆弾低気圧に当たってしまいました。飛行機は欠航になり、一時は中止を考えましたが、出発を2日後にずらして実施しました。これはお客様に時間があり、私も2日間は余裕があったので可能な事でした。

旅行会社のツアーなら中止で終わりです。飛行機から宿まで全てを手配し直したので、大変ではありました。しかし、個人ガイドで良かったと、しみじみ感じました。

ここでは2日目の釧路湿原カヌーまで記事にします。

大荒の北海道で待機
関西空港✈釧路空港=阿寒国際ツルセンター=釧路
=釧路湿原カヌー=オンネトースノーシューハイキング=糠平温泉郷
=糠平湖&タウシュベツ川橋梁スノーシュー=音更白樺並木=帯広
=音更神社=犬ぞり=然別温泉
=回転寿司=シマエナガ観察=新千歳空港✈関西空港

大荒れ釧路

飛行機の欠航通知が届いたのは、前日の夕方。その時点では関空✈釧路が欠航で、関空✈新千歳の一部の便は運行予定。
仕方なく、新千歳空港から釧路へJRで来ていただく予定でした。その後、その新千歳便も欠航になります。

雪が降る前の釧路の街中は、まるでスケートリンクのよう

そして、雪が降り始めます

夜になって、雪は非常に強くなります。

ピーク時は数分おきに除雪車が行き来していました。

コンビニに買い物に行くにも完全武装

長靴かスノーブーツがないと出歩けませんね。これでも釧路は北海道では雪の少ないエリアです。多い日本海側は大変だったと予想できます。

待っている時は、美味しいもの食べて英気を養いました(笑)

嵐の後の釧路

嵐の後の釧路は、青空で穏やか。
お客さんが到着するまで、散歩をしてみました。

釧路川には薄っすらと蓮葉氷が。風もなく、穏やかな1日を予想できます。

こんなにいい天気なのに、ほとんど人は歩いていません。

少しさびしい快晴の朝でした。

街中の様子

釧路駅にはSLが停車中。釧路から湿原を通過して標茶まで行く列車です。
SL冬の湿原号。白いのは蒸気、灰色は石炭

全く鉄道に興味はないけど、せっかく出会えたので撮ってみることに。近くの歩道橋へ移動。
撮り鉄さんたちが並んでいます。

わかったことは、絶対来る鉄道よりも、不確実な自然や動物を撮るほうが、面白い。もちろん、人の趣味はそれぞれなのですが。

鉄道は決まった場所に決まった時間に来ます。良いアングルとかが決まっているので、場所取り合戦になったりするんやろうなぁ。

お客様 釧路到着

関西からのピーチが無事に到着しました。拍手です!!
他の便はというと・・・表示の6便中5便が欠航です。。。

2日もずらして来ていただいて、感謝しかありません。
到着して、荷物を受け取ると15:00に。北海道の東の日暮れは、本州よりも1時間位早いイメージなので、すぐに暗くなります。近くの阿寒国際ツルセンターへ行き、軽くタンチョウを観察してホテルへ

朝の釧路湿原カヤック

よく冷えた美しい朝です。

釧路湿原の塘路湖から阿歴内川への流れ出しからスタートします。気温は-15℃くらい。

寒ければ寒いほど美しい、湿原の朝。どんな景色が見られるかワクワクします(*^^*)
写真ではわかりませんが、ダイヤモンドダストが舞っています!

夏のカヌーなら自分でやっちゃいますが、さすがにこの時期の水遊びはリスクがあるので、現地のガイドさんにお願いしちゃいます。夏なら物足りないカヌーの連結も、冬なら安定感重視!

薄く凍った川面には、一面のフロストフラワーが見られます。

阿寒湖とかが有名ですが、冷え込んだ日の氷の上のに咲く現象なので、条件が揃えばどこでも見られます。

川からの水蒸気で、霧氷が美しく成長しています。

冷え込んで穏やかな朝は、最高に美しいです!

野生動物も豊富!!
オオワシ

オジロワシ

エゾシカ

カワセミ

ヤマセミ

カヌーのコースは、阿歴内川が釧路川と合流するポイントまで。その後は引き返します。

釧路川との合流ポイントで、ちょうどJRがやってきました

ここからは下ってきた阿歴内川を遡り、スタート地点へ
オオワシが見つめています

少し、スタート地点より遡って塘路湖の流れ出しへ

ちょっとカヌーで氷を割ってみたり

時間にすると1時間と少し程度でしたが、それ以上になると体も冷え切っちゃうのでちょうどいい程度でした。

この次は、雌阿寒岳の麓にある湖、オンネトーへ向かいます。

オンネトー&タウシュベツ川橋梁 スノーシュー
道東の凍てついた湖「オンネトー」と「糠平湖&タウシュベツ川橋梁」をスノーシューで歩いてきました。冬の北海道ならではの景色を堪能することができる、おすすめのコースです!