大峰山系神童子谷は関西屈指のキャニオニングポイント

大峰山の麓シャワークライミング&キャニオニング

今年もキャニオニングの季節がやってきました!
梅雨の間の晴空のもと、遊んできました。

場所は大峰の神童子谷。山上ヶ岳・行者還岳・稲村ヶ岳に囲まれた渓谷です。
みたらい渓谷の近くといえばわかりやすいかな。

今回は友人5名と一緒です。

流れは清冽、というか清冽過ぎて、低体温症が気になるほど。
外界の蒸し暑さとは別の世界です!

まずは車で神童子谷の林道を終点まで。
駐車場には数台しか駐車できません。

神童子谷キャニオニングの装備

ウエットスーツ
ライフジャケット
ヘルメット
沢タビor沢靴は必須!

私はさらにハーネスにカラビナやザイル持参。
完全防水ザックに入れて、出発!

キャニオニングは楽しいけど、とっても危険です。
槍ヶ岳より、奥穂よりずっと・・・。

このブログを見て、個人で行けると思っても、
セルフレスキューや沢登りの技術がないとやってはいけませんよ。
沢は殆どの場合、携帯は圏外でヘリも不可。外部レスキューに頼れない。

崩れた少し車道を歩き、橋の手前から入渓します。
もう水の色にワクワク!

かつては遊歩道があったらしく、崩れた遊歩道が見られます。

いきなり、胸まで浸かってスタートです!

体温は下がるけど、テンションは上がってきます!

水質はもちろん最高!
水の中と上を1枚の写真に収めました。

この沢の岩は滑りやすいので、注意しながら

どこまで流れに耐えられるか(^^)
この先どんなワクワクが待っているのか?

水の中はこんな感じ(^^)
冷たい!!!!

「へっついさん」というお気に入りのポイント

次のポイントは、湧き水のシャワー

!\(◎o◎)/!

メインのポイントは赤鍋の滝!

今日は何回滑れるかなぁ??

きれいですね(^^)
楽しそうですね!!

怖いと思うか、楽しいと思うか人それぞれ。

一応、2箇所はシュリンゲで確保

上から落ちてくる滝もきれい!

って見上げてたら

あっ!!! 滑った!!

最初に滝を滑るのとられた(^^)
但し、初めに滝壺に突っ込んだのがこれ! 怖かっただろうなぁ~(^_^;)

次はこうならないように、慎重に行きましょう!

この後は、滝を滑りまくり!
楽しい?? 怖い??

水温が低すぎて、冷えたカメラがすぐに結露します。
結露しないカメラがほしい!

これを覚えたら、混んだプールの生温いスライダーがつまんなくなります!

誰でも最初は怖いものです(^_^)
連写だとするっと滑っていますが、動画だと・・・

繰り返し登り、滝を滑ります(^^)

さらに上流へ。

さらに上流の二段の滝は、滝壺にハマるとグルグル回される
鬼の洗濯機(^_^;) 真面目にライフジャケットないとヤバイです。

水はメッチャきれい!

水温が低いので体が冷えました(*_*)
友人が着ている、モンベルの沢用ウェットスーツは薄いので、このような遊びには若干保温力不足のようです。後で調べたら0.5mm!!みんなよく頑張った!
自分はヘレイワホの2mmなので、保温力は全然違っていたようです。
でも、この水温なら5mmでもいい。

それなのに・・・昼食は冷やしそうめん。
どこまで体を冷やすのでしょう(^_^;)

水が冷たいので、一瞬でそうめんが冷えちゃいます。

岩を伝う湧き水で流しそうめん!!
ですが・・・水の流れ早すぎる(^_^;)

震えながらも、そうめんを流すことにこだわったが、そうめんのスピードについていけず、断念。普通にざるから食べました。無念。

食後も遊びます!

頭から行きたいところですが、途中で体が反転(^_^;)
危険を察知した本能か?ただ怖かったのか??

だんだん要領がつかめてきた??
鬼の洗濯機は頭から行くと、すぐに次の滝まで流されて、スムーズなようです。
帰り道 油断すると・・・。
最後はみんなで

ちなみに昨年、この滝で使っているデジカメの先代「TG−2」が浸水してしまいました。
今年の「TG−3」はもちろん大丈夫でした!

いっぱい遊んで、スタート地点へ

最後は洞川温泉で温まりました!

暑い夏は山登りもいいけど、沢遊びのほうが楽しいね!
今年はあと何回行けるかな??

何度も書きますが
このような遊びは、総合的なアウトドアの能力や知識がないと非常に危険です。
見よう見まねで遊んではいけません。ガイドに連れて行ってもらうか、ツアーに参加することを強くおすすめします。登山よりもリスクはずっと高いとお考え下さい。

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
キャニオニング関西カラビナ関西
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一