北海道

大雪山からトムラウシ山大縦走 ④

トムラウシ登山の後、ヒサゴ沼からチングルマの咲く化雲岳をぬけて、天人峡温泉へ下山。下山後は美瑛の一軒家でのんびりしました。
キャンプ

大雪山からトムラウシ山へ大縦走 ③

アウトドアサークルのメンバーと大雪山に行ってきました! 高山植物が最高に美しい、北海道の大雪山。コロナになってから、毎年行くようになりました。 ここのお花畑を見ちゃうと、本州のお花畑はちょっと物足りなくなっちゃうなぁ〜 一番いい時期に歩いてほしいので、1年に1本のみ&人数限定の設定です。 大雪山からトムラウシ山へ大縦走 日程 7月の上旬、この時期しかないやろって時に大雪山からトムラウシ山への縦走で...
北海道

大雪山からトムラウシ山へ大縦走 ②

7月の上旬、この時期しかないやろって時に大雪山からトムラウシ山への縦走です。ヒグマへの対応など深い自然への知識と経験が必要なコースになります。エスケープルートもありません。
北海道

大雪山からトムラウシ山へ大縦走 ①

7月の上旬、この時期しかないやろって時に大雪山からトムラウシ山への縦走です。ヒグマへの対応など深い自然への知識と経験が必要なコースになります。エスケープルートもありません。
北海道

支笏湖キャンプと大雪山のお花畑

2023年の夏の北海道シリーズが始まりました。第一弾は朱鞠内湖キャンプとバードウォッチングだったのですが…朱鞠内湖で不幸なヒグマの事故があり、キャンプ場が閉鎖されてしまったので、支笏湖に変更して企画になりました。
キャンプ

三重県で初夏のサウナキャンプ

2023年は春からサウナばっかりです(笑)水がめっちゃきれいな三重県の清流にサウナキャンプへ行ってきました〜
テントサウナ

吉野川ラフティングと仁淀川サップ&サウナ

平均年齢が80を越えても元気なバーチャンズを、吉野川ラフティングと仁淀川サップ&サウナに案内してきました。世間一般では20〜30代がメインとなるようなアウトドアでの遊びです。年齢バグってない?(笑)
キャンプ

穴吹川 サウナ女子キャンプ

女子のキャンプを案内してきました。このグループは、3年ぶりの案内になります。復活してくれて嬉しいです。この場所は流れがやや速いのでサップなどはできませんが、河原に車で入れるので、女子には設営がとても楽なんです。
九州

五島列島島巡りハイキング

アウトドアガイドの沖本です! 2023年の5月は五島列島の案内をしてきました。 五島列島といっても、大半の方々は福江島に行っているだけです。五島の島巡りをするのはかなりややこしいので! 五島列島ハイキングの日程 五島列島は多くの島があり、無理に多く回ろうとすると、旅が破綻してしまいます。 最初に旅行の日数を決めて、やりたいことを決めてからのプランニング。島に行くこと自体が目的にならない旅行を考えま...
キャンプ

穴吹川でテントサウナ

アウトドアガイドの沖本です。 徳島の穴吹川で1泊のテントサウナキャンプをしてきました。 テントサウナキャンプは高知の仁淀川に行くことが多いのですが、遠い。。。 その点、穴吹川は自宅から3時間程度で行けるので、近い! ありがたいです。 穴吹川テントサウナ 普段だったら、ブログに使う写真を選ぶのが大変なのですが、今回は写真がない。。。 サウナに集中しすぎたようです(笑) 今回のキャンプの食事リクエスト...
キャンプ

四万十川リバーツーリング

アウトドアガイドの沖本です!2023年のGWは2回も四万十川へ行きました。遠かった〜(笑)1度目は筏下りで、2度目はカヤックでのリバーツーリングです。それぞれの良さがありますね!
四国

手作り筏で四万十川下り

アウトドアガイドの沖本です!2023年も前年に続いて、四万十川で筏を作って下ってきました!カヤックのような手軽さはありませんが、それもまた楽しい。収益度外視の企画です。
中部

八方尾根と遠見尾根スノーシュートレッキング

アウトドアガイドの沖本です。4月の上旬に北アルプス白馬村の八方尾根と遠見尾根で残雪のスノーシューを楽しんできました。例年よりも暖かくて、雪は少なかったですが、素晴らしい天候に恵まれて、楽しく歩いてきました!
北海道

冬の北海道流氷の旅

アウトドアガイドの沖本です! 2023年の冬は北海道でガイドをして来ました。 常連のご夫婦3組さんと流氷を巡る旅です。 冬の北海道流氷の旅日程 ① 女満別空港集合=流氷観察=ウトロ温泉 ② =流氷ウォーク=フレペの滝スノーシュー=ウトロ温泉 ③ =野付半島スノーシュー&動物探し=養老牛温泉 ④ =東藻琴山スノーシュー=屈斜路湖=養老牛温泉 ⑤ =オーロラ号=チミケップ湖=チミケップホテル ⑥ =女...
北海道

冬の北海道最高峰 旭岳

北海道最高峰の大雪山・旭岳で遊んできました。最高すぎる天気に恵まれて、持ってきた装備の大半を使うことなく山頂に立つことができました。12月の忘年会の最中に、勢いで決まった旭岳登山! 人生に勢いはめっちゃ大事。コスト削減で宿泊はエアビー利用です。