フリーランスのガイドとして独立しました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランスのガイドとして独立しました!

私はこれまでのガイド人生の大半を、旅行会社の社員として過ごしてきました。

しかし、個人のフリーランスガイドとして、独立しました!

トラベルギャラリー・旅の本棚を辞めて独立した理由

私と社長の価値観と方向性が全く合わない。。。ということになります。

自惚れてはいけませんが、私と同じレベルの経験と知識を持った社員を育てようと思えば何年の時間とコストが掛かるか考えられないか、わかっていても会社に痛いことを言う社員は不要なのか?

山が嫌いで、山に登らず、山で稼ぐことしか考えていない社長とはもう無理です(*^^*)
サヨウナラ!! 命がけでガイドしている社員を大切にしない会社でした。

在籍した会社の悪口を書いたブログなんて書いても、読んでも楽しくないので、このくらいで心の中にしまっておきます。 どうしても知りたい方は、お会いした時にお酒でも飲みながら(^^)

私以外にも東京のエース、福岡のエース、海外手配の要、自信とスキルのある社員はトラベルギャラリー・旅の本棚を去りました。

ガイドの仕事は大変です。

いわゆる3K(キツイ・キケン・キタナイ)の仕事の筆頭のようなもの。
お金と安定そしてリスクを考えると、おそらく会社員の方がいいかも。。。

もちろん登山日だけを考えれば、それなりに頂いたりすることになるのでしょうが、毎日山の仕事があるわけありません。あっても体力がもたない。
年間250日山に行っても・・・・。年収は・・・。

でも、私はオフィスで業務をするよりも、山でお客さんを笑顔にする方を選びました。

旅行会社では頑張っていいガイドをして業績をあげて昇進すると、責任者となり。
なかなかガイドに行けなくなってしまいます。

業績がいい→管理しろ!ツアーに行くな!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
業績が悪くなる→どんどんツアーに行け! それも高いツアーに!

というサイクル(^_^;)
お客さんの事は全く考えず、会社の事情のみで決められます。

まだエネルギーのある40代前半のうちに独立しないと。。。ダメだ。。。

これからどうやって食べていく??

肝心なのは個人ガイドになって、食べていけるのか。
これまでの生活を維持できるのか。 ということ。

幸いにも、これまで2つの旅行社に勤めてきたおかげで、かなりの知識と経験を得ました。

最初から個人ガイドで独立していれば、間違いなく絶対に到達できない領域です。

今後の仕事内容

1.㈱山旅人のガイド
関西の山専門旅行会社。少人数のツアー限定。レベルの高いガイドを確保しています。
従来の登山ツアーの問題点をほぼクリアしている理想の会社。社員ではなく、外部のガイドとして私の持つノウハウを提供したいと思っています。興味ある方、パンフレットを請求してみて下さい。そして、このサイトを見たと言ってくださいね(^^)

2.新聞社系旅行会社のプランニング&ガイド
これまで、色々な新聞社系旅行会社のツアー企画やガイドをしてきましたが、引き続きやっていきます。

3.個人ガイド
旅行社ではなく、個人のお客様のガイド。
問合せ

4.若者の登山サークルの案内
若者の登山サークルのイベントの案内やアドバイス、そして講習会など。

いくつかが上手く行けば、食べていけると思います(^^)

フリーランスの欠点

1.ケガや病気のリスク

2.仕事のないリスク

3.オンとオフの使い方が下手くそになる
いつでもどこでもガイド以外の仕事ができる反面、何も考えず遊ぶということが下手に。。。

1と2は仕方ないことですが、3は改善しないといけません。。。

この先どうなるか全くわかりませんが、応援よろしくお願いいたします。

20代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島案内、カヤック、サイクリングなどのアウトドア遊びの依頼が急増中。
詳しいプロフィール

スポンサーリンク
関連広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする