世界の果てのその先へ 南極へ出発

南極クルーズの集合は15:30
朝食を食べた後は、ウシュアイアの散策。
いろいろ歩いていたら、結構時間は早く過ぎるもの。
天気がいいのでシャツ1枚で過ごせます(^^)

港にはクルーズ船が停泊。
乗船するのは前の船。後ろの大型船では南極へは行けません。
定員は100名以下。南極は一度に下船していいのが100名までなので、大きな船で行くと、遊ぶ効率が極端に落ちます。

 

アルゼンチンらしい建物だなぁ(^^)
宿泊していたホテルが集合場所
ワンオーシャンというクルーズ会社
普通のクルーズ船と違って、アクティブなお客さんが多い?
日本人はほかに2名。みんな1人参加でした。
いろんな船がウシュアイアには寄港しているけど、今回乗る船はクルーズ船として設計されたものではなく、調査船として設計されたロシア船籍。今もクルーズの時期でなければ、調査船として活躍しているようです。
いよいよ乗船です。
決して豪華じゃないけど、必要十分!
この部屋で10泊します。
全員を集めての船内説明会では
「冒険とクルーズは違う」と強調されました。
もちろん、この船の目的は冒険です。

出てきた料理は
カクテルに餃子にピザにサモサ・・・。不思議な組み合わせ。
どんなコックさんがいるのかな??

エクスペディションガイド全員の紹介が貼られています。
人数は多いです。

 

出港前に避難訓練などを行います。
後ろの船、出港が遅れてます・・・。

とばっちりで、この船の出港まで遅れる・・・。

やっと、動きました。あの船はプンタアレーナスでも行くのかな?

やっと出港!!! (*^_^*)

目指せ南極! 世界の果てのその先へ!

夕食はスープ、サラダ、メインは肉・魚・ベジタリアンのチョイス・デザート

 

 

レストラン
青い服はエクスペディションスタッフ。一緒に食べます。
聞きたいこととかがあれば気軽に話せる雰囲気。

スケジュール

 

今夜から揺れるとの案内。そりゃ、ドレーク海峡を越えるんだもんね。
酔い止めを飲んで、おやすみなさい!

沖本浩一のホームページ
http://www.okimoto-guide.com/

10代から80代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアスポーツを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、130回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。最近は離島、カヤック、サイクリングなどのアウトドアの依頼が急増中。

関連記事と広告
本サイトはAmazonと契約しています。記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際にリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。
記事が役に立ったと思った方はアマゾンご利用の際に下記のリンクから買い物していただけると、とても嬉しいです。記事更新のモチベーションがアップします!
南米南極
スポンサーリンク
登山ガイド 沖本浩一をフォローする
登山ガイド 沖本浩一